臼杵城 [2/4] かつて多数の櫓が建ち並んでいた二之丸へ。

臼杵城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
古橋口から入城、岩場をくり抜いたような急な坂道を登り、現存畳櫓を通って帯曲輪へ。大門櫓を越えて、二之丸へ入ろう。

訪問時期:2017年1月
臼杵城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

usuki_32_2763帯曲輪の少し出っ張った先には、鐘楼がある。

usuki_33_2765時鐘 説明碑。1700年(元禄十三年)に鋳造され、江戸末期まで原山時鐘堂(恐らくここにあった櫓のこと)で時を告げる鐘の役割を果たしていたというこの鐘は、明治の廃城時に畳櫓横へ移築されたが、2008年にこの地に復帰、2010年に時報櫓として整備を行った、とある。時間が来たら自動的に鐘の音が鳴る仕組みか。

usuki_34_2764帯曲輪はこのまま二之丸・本丸の外周を奥に伸びている。図面を見ると、この奥へ進めば、稲葉氏の時代に新たに築かれた、三ノ丸から入城するための新橋口と、そこに繋がる桝形の上之門跡、中之門跡、などがある。こちらは帰りに行ってみよう。

usuki_35_2768引き返す。二之丸西面の石垣全景。冬だから木が枯れてて見えるけど、夏場は手前しか見えないことだろう。

usuki_36_2759二之丸大手門、大門櫓の真下へ。では、いざ行かん。

usuki_37_2769二之丸入ったところから。二之丸には臼杵護国神社が鎮座している。神社までの参道の入口にあたるのか、左側の道には鳥居が建てられていた。正面の白い説明板は臼杵護国神社の由来記。

usuki_38_2771石版に彫られた大門櫓の説明板。稲葉氏が入った1600年代初期に造られ、火事で燃えたが1768年に再建されたものが明治初年まで残っていたという。例によって廃城で取り壊された。古絵図、写真、発掘調査などの情報から当時の姿をほぼ再現したという。

usuki_39_2773大門櫓を裏側から。一階部分は番所的な場所もなく、柱と門扉のみ。本柱と控柱の間を板が通してある。

usuki_40_2776古絵図を見ると二之丸・本丸にはかなり多数の櫓が建ち並んでいたようだ。大門櫓から少し奥へ行ったところに残る巨大な石垣の土台。会所櫓跡。

usuki_41_2777切りそろえられた石材がビッシリ積み上げられた櫓台。上にあがってみよう。

usuki_42_2778会所櫓台の上。城下方面を見る。

usuki_43_2779会所櫓台から大門櫓まで続く多聞櫓跡。

usuki_45_2783今度は反対側、大門櫓入ってすぐ右側に残る、こちらも巨大な櫓台へ。

usuki_46_2784櫓台の下へ。こちらは外部に巨大な階段が設けてある。会所櫓の石垣の内部に設けられた小さな階段とはかなり違う。井楼櫓跡。

usuki_47_2785こちらは西側に建っていることもあり、展望台としてバッチリな場所にあるからか、柵が設けてあった。

usuki_48_2788井楼櫓跡の真下には、現存の畳櫓。

usuki_49_2787井楼櫓跡から、大門櫓とその下の帯曲輪を見下ろす。

usuki_50_2789井楼櫓台の上に設置されている、二之丸・二之丸御殿 説明板。発掘調査から、大友宗麟時代にはここには瓦葺きの建物はなく、漆喰の土塀が築かれていたことが分かったという。

usuki_44_2782では二之丸奥へ向かおう。

usuki_51_2792かつての二之丸御殿裏にあった庭園を利用したのか、橋の向こうに本殿が建つ、珍しい構造の臼杵護国神社。護国神社らしく、砲弾なども奉納・展示されていた。

usuki_52_2793臼杵護国神社。庭園を取り込むような形。

usuki_53_2795こちらの櫓台はほぼ崩壊してしまっている。

usuki_54_2797江戸期を通じて城主だった稲葉氏は、かつては美濃の斎藤道三に仕えた「美濃三人衆」の一人・稲葉一鉄の子孫。その後 信長に仕え、各地を転戦し武功を上げた名将。臼杵藩初代の稲葉貞通は、一徹の子。

usuki_55_2799そして最初にこの地に城を築いたと言われる大友宗麟は、銅像ではなくブロンズ製のレリーフが建てられている。ちなみに大友宗麟の銅像は府内城近くの駅前にある。

usuki_56_2800大友宗麟公 説明板。戦前に造られたレリーフは戦時に供出され失われたが、1982年に復元制作されたという。

usuki_57_2801大友宗麟公 レリーフ。キリシタンで海外貿易に熱心に取り組んでいた宗麟らしく、西洋風の椅子に座り、十字架をぶら下げ、船や大砲が周りに描かれている。

usuki_58_2802レリーフの脇には巨大な砲塔。臼杵城へ攻め込んできた島津軍を撃退したという「国崩」(フランキ砲)。当然 実物ではなく、レプリカ。

usuki_59_2804後方はかなりデザイン性に富んでいる。

usuki_60_2803フランキ砲 説明板。佛狼機砲。日本初の大砲。大友宗麟により「国崩」と命名された大砲は、江戸期を通じて臼杵にあり、明治の廃藩置県の後に国に献上され、現在は靖国神社にあるという。これはその複製だとか。

>> 臼杵城 [3/4] へ続く。<<

訪問時期:2017年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中