白河小峰城 [3/3] 搦手門の外側には崩壊したままの石垣が残る。

白河小峰城 訪問記 其の三。

[前回までの訪問記 概要]
鋭意復旧中の白河小峰城へ。桜之門から本丸へ。木造復元された三重櫓内部を見学後、清水門を出て城の西へ。本丸周囲の帯曲輪は南側以外は復旧工事中で立入出来ないようだ。其の三では水堀の外側から石垣と復元櫓を見ながら、北東の搦手門方面を目指します。

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [3/3] 搦手門の外側には崩壊したままの石垣が残る。” の続きを読む

広告

白河小峰城 [2/3] 古図面を元に忠実に復元された三重櫓内部へ。

白河小峰城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
今も懸命の復旧工事が続く白河小峰城へ。桜之門から本丸へ。御殿跡はだだっ広い広場と化しているが、本丸の北端に復元された三重櫓と前御門が建っている。其の二では復元された三重櫓内部へ。

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [2/3] 古図面を元に忠実に復元された三重櫓内部へ。” の続きを読む

白河小峰城 [1/3] 木造復元された三重櫓が美しい総石垣の城。

白河小峰城
白河小峰城 (しらかわこみねじょう) は福島県南部の白河市に残る近世城郭で、戊辰戦争で激戦地となったことで有名。古くは南北朝期に白河結城氏が築城したことが始まりとされ、白河地区の戦国大名となったが、秀吉により改易。蒲生氏、上杉氏を経て、江戸初期に丹羽長重が城主となると城を大改修し、現在に残る巨大な石垣を持つ姿を完成させた。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟軍と新政府軍の激戦地となり、城内の建物は尽く焼失したという。石垣と水堀を中心とする主要部が美しく残り、また1990年代に三重櫓・前御門が木造復元された。2011年の東日本大震災で石垣が崩壊、現在も修復工事が続いている。

<基本データ>
●名称:白河小峰城 (Wikipedia)
●所在:福島県白河市 (地図)
●城主:結城親朝 / 丹羽長重
●築城:1340年 / 1632年
●遺構:石垣、水堀、復元三重櫓
●情報:日本百名城 No.13 (一覧)

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [1/3] 木造復元された三重櫓が美しい総石垣の城。” の続きを読む

[blog] BS朝日「日本の城見聞録」(8/10) に今回も写真を提供しました。

「城めぐりチャンネル」よりまたまたお知らせです。

BS朝日で放送中の「日本の城見聞録」の次回 8/10 放送分 へ、当「城めぐりチャンネル」より今回も写真提供いたしました。今回は「岩国城」です。

“[blog] BS朝日「日本の城見聞録」(8/10) に今回も写真を提供しました。” の続きを読む

猪苗代城 [2/2] 野面積みの石垣が残る大手桝形虎口へ。

猪苗代城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
巨大体育館カメリーナの前にある猪苗代城跡へ。江戸時代の猪苗代城と、戦国時代の鶴峯城から成る城跡。まずは南の猪苗代城へ。石垣の隅櫓台を持つ虎口から二の郭へ。本丸は土塁が巻いているもののすっかり公園化していた。其の二では良好に残る枡形虎口を見てから、中世の鶴峯城へ向かいます。

訪問時期:2017年5月
猪苗代城 訪問記 − 其の一

“猪苗代城 [2/2] 野面積みの石垣が残る大手桝形虎口へ。” の続きを読む