平田城 [豊前国] : 黒田官兵衛の重臣 栗山善助が治めた耶馬渓の丘城。

平田城は耶馬渓にある高台の城跡で、戦国末期に黒田官兵衛が中津城主を務めていた頃、重臣の栗山善助利安が治めた場所として伝わる。黒田氏が来る前は在地領主の拠点だったが天正15年に黒田氏によって近くの長岩城とともに落城。耶馬渓6000石を与えられた栗山善助の所領となり、石垣で周囲を囲うなどの改修が行われた。城は浅い谷によって南北に分けられ、南側は城跡公園として整備されており石垣などがよく見えるが、北側の主要部はほぼ手付かずの藪状態で見学不可。

<基本データ>
●名称:豊前平田城 [別名 白米城]
●所在:大分県中津市耶馬渓町 (地図)
●城主:栗山善助
●築城:天正期
●遺構:石垣、曲輪

訪問時期:2017年1月

“平田城 [豊前国] : 黒田官兵衛の重臣 栗山善助が治めた耶馬渓の丘城。” の続きを読む

中津城 [4/4] 搦手の守りとして巨大櫓門を備えた西門跡へ。

中津城 訪問記 其の四。

[前回までの訪問記 概要]
中津城跡は本丸の半分は駐車場、半分は中津大神宮を中心とした神社群の境内となっている。参拝を済ませ模擬天守へ。本丸外周を一周して現存する本丸水堀・石垣を見て回る。水御門跡、大手門跡を見た後、城下に残る外濠土塁「おかこい山」の跡を散策する。同じく城下に残る城戸口跡を見て回ろう。

訪問時期:2017年1月
中津城 訪問記 − 其の一

“中津城 [4/4] 搦手の守りとして巨大櫓門を備えた西門跡へ。” の続きを読む

中津城 [3/4] 城下に残る大手門跡の巨石石垣と「おかこい山」遺構。

中津城 訪問記 其の三。

[前回までの訪問記 概要]
中津城跡は本丸の半分は駐車場、半分は中津大神宮を中心とした神社群の境内となっている。参拝を済ませてカッコいい模擬天守へ。本丸外周を一周して現存する本丸水堀・石垣を見て回る。黒田時代と細川時代の石垣の変遷がよく見て取れる。西側川沿いに残る、古代山城から拝借してきた石材を使った石垣は必見。続いて本丸外に残る城門の跡を見て回ろう。

訪問時期:2017年1月
中津城 訪問記 − 其の一

“中津城 [3/4] 城下に残る大手門跡の巨石石垣と「おかこい山」遺構。” の続きを読む

中津城 [2/4] 本丸西面に残る、古代山城の加工石を流用した黒田期石垣は必見。

中津城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
中津城跡へ。本丸の半分は駐車場、半分は中津大神宮を中心とした神社群の境内となっている。参拝を済ませて黒い大天守へ。元々あったかのような堂々とした佇まいだが昭和の模擬天守。本丸外周を一周して現存する本丸水堀・石垣を見て回ろう。

訪問時期:2017年1月
中津城 訪問記 − 其の一

“中津城 [2/4] 本丸西面に残る、古代山城の加工石を流用した黒田期石垣は必見。” の続きを読む

中津城 [1/4] 黒い模擬天守が有名な、黒田官兵衛が築いた海城。

title_buzen_nakatsu_840x270.png
中津城は戦国時代の天正16年(1588)に黒田官兵衛孝高が築いた近世平城。豊前海の海水を引き込んで堀を巡らせたことから海城と分類される。秀吉の九州平定で功を挙げ豊前12万国として入部した黒田氏だったが、秀吉没後の関ヶ原合戦では東軍に付き、戦後に筑前52万国へ加増転封となった。代わって入った細川忠興により築城が続けられた。その後 小笠原氏を経て奥平氏(武田vs織田徳川の設楽原の戦い長篠城を守り抜いた奥平信昌の子孫)が中津10万国で城主となり、以後明治まで9代 城主を務め上げた。現在見られる黒い大天守は、かつて隅櫓があった場所に観光目的で旧藩主の奥平一族が中心となって建てた模擬天守。

<基本データ>
●名称:中津城 (Wikipedia)
●所在:大分県中津市 (地図)
●城主:黒田孝高 / 細川忠興 / 小笠原氏 / 奥平氏
●築城:天正十六年(1588) / 慶長五年(1600)
●遺構:石垣、水濠
●情報:続日本百名城 No.191 (一覧)

訪問時期:2017年1月
中津城 訪問記 − 其の一

“中津城 [1/4] 黒い模擬天守が有名な、黒田官兵衛が築いた海城。” の続きを読む

岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。

岡城 訪問記 其の六。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。太鼓櫓門から三ノ丸へ、滝廉太郎像がある二之丸を経て、御三階櫓があった本丸へ。最後に本丸東に伸びる尾根の先端に築かれた下原御門へ向かう。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。” の続きを読む

岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。

岡城 訪問記 其の五。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。霧が深い。太鼓櫓門から三ノ丸へ。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。” の続きを読む