お城めぐりのススメ

このページは、ひょんなことから(?) このサイトへ来てしまった「お城めぐりのビギナー」の皆さんに向けて、お城めぐりの魅力を伝えるべく書き下ろしたページです。


1. お城について

お城といっても様々。古くは唐の侵略に備えて建てられた古代山城から、楠木正成や足利尊氏が活躍した中世山城、寺社技術が転用され発展した石垣の城、信長が発明したと言われる”天守閣”を持つ城、秀吉・家康の時代に多く建てられた豪華絢爛な巨大城まで、今まで累計約4万(!)もの城郭が造られたと言われます。

一族や家臣 領民を守るため、文字通り命を賭けて戦ったサムライたちの舞台、日本の城。多くは時代とともに朽ち果て、残ったお城も明治維新により不要なものとして殆どが破却されました。しかし極一部は今も文化財として残ります。

2. 天守があるお城の分類とオススメ

現在「お城」と呼ばれる場所に建っている象徴的建造物「天守」(“天守閣”という言い方は明治以降の呼び名) には、その素性から幾つかの分類があります。

現存天守(江戸時代から天守が残る城)
__弘前/松本*/犬山*/丸岡/彦根*/姫路*/松江*/備中松山/丸亀/松山/宇和島/高知*は国宝。12城
__*戦時に失われた天守:水戸/名古屋/大垣/和歌山/岡山/広島/福山7城
__*戦後に失われた天守:松前 (火災で消失)。1城

復元天守(明治以降に元の位置に再建された天守で、古文書・古写真を元に当時の外観を再現したもの)
__– 木造復元 (外観も中身も当時のまま完全再現):白河/白石/新発田/大洲4城
__– 外観復元 (外観は再現、中は鉄筋コンクリート造り)
___:松前/会津若松/名古屋/大垣/福知山/和歌山/岡山/広島/岩国/島原/熊本11城

復興天守(明治以降に元の位置に再建された天守で、史料不足等により外観を推定あるいは改変したもの)
__– 史料はあるが外観を改変:大坂/小田原/岡崎/岸和田/福山/小倉 等。
__– 史料が足りず外観を推定:掛川/岐阜 等。

模擬天守(明治以降に建てられた天守で上記以外のもの)
__富山/郡上八幡/墨俣/清須/伊賀上野/長浜/伏見/洲本/今治/中津/杵築 等。

(注) 再建天守は仔細な相違により復元/復興/模擬の意見が分かれる場合があります。岩国城など。

天守が建っているお城は知識が余り無くても楽しめるオススメスポットです。もちろん本物の迫力に勝るものは無いので、オススメ度合いは 現存>復元>>復興>>>模擬 です。

3. 天守が無いお城の見どころ別オススメ

上記の通り天守が現存/再建されたお城以外にも「城跡」とされる場所は多数あります。それらについて見どころ別に分類をしてみます。
※私が行ったところのみを紹介しています。リンク先は当サイト内の訪問記です。

・天守は無いが櫓が現存する主な城(小さな門のみが現存する城は多いので省略)
__江戸城(3櫓+3櫓門)、金沢城(石川門)、明石城(巽櫓/坤櫓)、高松城(月見櫓)、
__福岡城(多門櫓)

・御殿が現存する城
__高知城(本丸御殿)、二条城(二の丸御殿)、掛川城(二の丸御殿)、川越城(本丸御殿)
__伊勢亀山城(二の丸御殿玄関-旧東海道沿いの”遍照寺”本堂へ移築現存)

・現存建造物は無い(少ない)が立派な石垣が見どころな城
__山城:岩村城苗木城高取城安土城黒井城竹田城利神城鳥取城米子城岩国城
__平城:小諸城福井城田丸城松坂城赤穂城萩城徳島城福岡城

・木造復元された櫓や櫓門が見どころな城
__小田原城(常盤木門/銅門/馬出門)、駿府城(巽櫓/東御門)、金沢城(菱櫓/河北門)、
__篠山城(大書院)、今治城(鉄御門)

・夏草や兵どもが夢の跡 感がハンパ無い城跡
__小谷城(浅井氏)、観音寺城(六角氏)、佐和山城(石田三成)

・山奥にひっそりと土塁や堀跡が残る迫力満点の土の城
__山中城(後北条氏)、宇陀松山城(織田信雄)、吉田郡山城(毛利氏)、月山富田城(尼子氏)

・カッコいい武将の銅像が立つ城  (個人的に カッコいい! と思う順で)
__江戸城(楠木正成 騎馬像)、高知城(山内一豊 騎馬像)、津城(藤堂高虎 騎馬像)、
__月山富田城(山中鹿介 月に祈る像)、熊本城(加藤清正 座像)、彦根城(井伊直政 騎馬像)、
__高岡城(前田利長 騎馬像)、駿府城(徳川家康 鷹狩り像 貫禄の恰幅)

・何だか知らんが とにかくすごい城跡
__鬼ノ城(古文書に一切記録が無い飛鳥時代の謎の古代山城)

4. お城めぐりの楽しみ方

お城めぐりの楽しみ方は人それぞれ。だと1行で終わってしまうので、私的 楽しみ方をいくつか。

・現存建造物(天守、櫓、御殿 等)を訪ねる

重機もCADも無い時代、巨石をうず高く積上げ、その上に何層もの大天守を築き上げる。屋根には巨大な鯱や鬼瓦が乗り、外観は破風や花頭窓で飾られ、内部には太くて力強い梁や柱が巨大建造物を支え、非常に登りづらい急階段があり、戦いのための狭間や石落とし・武者隠しなどが完備され、そして最上階には城主が心静かに最期の時を迎える切腹の間がある。。。見どころは多い。400年の時を越えて今に伝わる現存建造物を楽しもう!

・現存石垣を見る

重機もCADも無い時代(再)、人々をあっと驚かせる高い石垣の壁を造りあげた戦国大名たち。石垣はただの城壁ではなく、攻め手の勢いを削ぐ枡形虎口や食違い虎口といった工夫された構造、石垣に張り付いた敵兵を横から射るための横矢掛けや屏風折れ、石垣を登ろうとする不届きな敵を諦めさせる反り返った石垣(扇の勾配)。。。攻め手の観点で石垣を見るのも楽しい。また、時代により石の加工度合いが大きく異なり、様々な形の石をそのまま微妙なバランスで組み上げた野面積み、表面をビシバシ叩いて整えた打込み接ぎ、バッチリ切り揃えたブロックのような石を整然と積み上げた切込み接ぎなど、石の具合を見るだけでその城の築城当時の技術や城主の権力の大きさが伺い知れる。更に積み方にも色々あり、ミルフィーユのように層を作りながら積み上げる布積み、斜めに積んでいくような落し積み、隅石をジェンガのように長辺短辺を交互に積み上げる算木積み、などなど。少しの知識を持って石垣を見れば、いつまでも飽きない。

・お城の歴史を知る

お城には歴史あり。最初っから最後まで同じ城主一族が平和(?)に務め上げた城は少なく、大抵は領地を巡って戦(いくさ)があり、そこには悲話や英雄伝、奇跡の逆転劇など様々なドラマがある。それを少し頭に入れてから城跡を訪ねるだけで、各遺構の理解度や盛り上がり度合いは大きく異なってくる。たとえば戦いなどにより城主が交代している城の場合、新しい城主が古い城主時代の城を壊してその上に新たな「自分の」城を建てることも多い。そして現代になり、発掘調査などで「前の城主時代の」石垣などが地中深くから出てくることもある。背景を知っているかどうかで、この遺構に対する意識も変わってくるというもの。(例:岡山城の宇喜多直家時代の石垣、姫路城の秀吉時代の石垣、大坂城の秀吉時代の石垣、小田原城の後北条氏時代の巨大土塁 など…)

・移築された城門などを見て歩く

城に建物などが殆ど残っていない場合でも、城門が近くのお寺などに移築されてひっそりと残っている場合も多い。それらを見て歩くと、ほとんど何も残ってなくて楽しみにくかったあのお城に、この門が建っていたのか! と想像力が増す。(例:膳所城 城門、伏見城 城門、亀山城 御殿玄関、福岡城 城門 など…)

5. 最後に

現在お城と言えば、現存・再建に関わらず”天守”がある城が一般的に”お城”として認知されていますが、他にも天守に準じる櫓が残る城、建物は無いが立派な石垣が残る城、そして山奥にひっそりと残る土の城など、さまざまな城跡があります。そんな全国に残る城跡を巡って、現地で生きたサムライたちに想いを馳せてみませんか。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中