大野城 [2/2] 大野城を取り巻く巨大土塁上を縦断

大野城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
百間石垣からスタート。ここから土塁を半周して岩屋城を抜けて太宰府政庁跡へ降りるコース。百間石垣は規模は大きいが全体的に枯れ草が覆っていて肝心の石垣が見づらく至極残念。土塁を上がって北石垣へ。そのまま土塁に沿ってぐるっと小石垣など各見どころを見ていきます。

訪問時期:2019年1月
大野城 訪問記 − 其の一


“大野城 [2/2] 大野城を取り巻く巨大土塁上を縦断” の続きを読む

大野城 [1/2] 大宰府を守るべく山上を城壁で囲った古代山城

大野城は、西暦665年 当時の大和朝廷が太宰府を守るために海側の山頂に築いた山城で、山頂全体を長大な土塁で取り囲んでいた巨大な城塞となっている。洪水による土塁崩壊を防ぐため谷や川の部分には石垣・石塁で補強しているのが特徴。663年、日本と関係が深かった朝鮮王朝の一つ・百済が滅亡、その遺民救援のため日本は出兵し現地で唐・新羅の連合軍と戦った(白村江の戦い)が敗北。唐・新羅の日本侵攻に備え全国に古代山城と呼ばれる防御施設が築かれた。大野城はそれらのうち最大規模を誇る。石垣を含む築城は亡命した百済人によるもの。日本書紀などの古文書にもその名が登場する。

<基本データ>
●名称:大野城 (Wikipedia)
●所在:福岡県大野城市・太宰府市・宇美町(地図)
●城主:大和朝廷
●築城:665年(天智天皇4年)
●遺構:石垣、土塁、門跡、礎石等
●時間:1時間30分 (1530−1700)
●情報:日本百名城 No.86 (一覧)

訪問時期:2019年1月
大野城 訪問記 − 其の一


“大野城 [1/2] 大宰府を守るべく山上を城壁で囲った古代山城” の続きを読む

白河小峰城 [3/3] 搦手門の外側には崩壊したままの石垣が残る。

白河小峰城 訪問記 其の三。

[前回までの訪問記 概要]
鋭意復旧中の白河小峰城へ。桜之門から本丸へ。木造復元された三重櫓内部を見学後、清水門を出て城の西へ。本丸周囲の帯曲輪は南側以外は復旧工事中で立入出来ないようだ。其の三では水堀の外側から石垣と復元櫓を見ながら、北東の搦手門方面を目指します。

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [3/3] 搦手門の外側には崩壊したままの石垣が残る。” の続きを読む

白河小峰城 [2/3] 古図面を元に忠実に復元された三重櫓内部へ。

白河小峰城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
今も懸命の復旧工事が続く白河小峰城へ。桜之門から本丸へ。御殿跡はだだっ広い広場と化しているが、本丸の北端に復元された三重櫓と前御門が建っている。其の二では復元された三重櫓内部へ。

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [2/3] 古図面を元に忠実に復元された三重櫓内部へ。” の続きを読む

白河小峰城 [1/3] 木造復元された三重櫓が美しい総石垣の城。

白河小峰城
白河小峰城 (しらかわこみねじょう) は福島県南部の白河市に残る近世城郭で、戊辰戦争で激戦地となったことで有名。古くは南北朝期に白河結城氏が築城したことが始まりとされ、白河地区の戦国大名となったが、秀吉により改易。蒲生氏、上杉氏を経て、江戸初期に丹羽長重が城主となると城を大改修し、現在に残る巨大な石垣を持つ姿を完成させた。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟軍と新政府軍の激戦地となり、城内の建物は尽く焼失したという。石垣と水堀を中心とする主要部が美しく残り、また1990年代に三重櫓・前御門が木造復元された。2011年の東日本大震災で石垣が崩壊、現在も修復工事が続いている。

<基本データ>
●名称:白河小峰城 (Wikipedia)
●所在:福島県白河市 (地図)
●城主:結城親朝 / 丹羽長重
●築城:1340年 / 1632年
●遺構:石垣、水堀、復元三重櫓
●情報:日本百名城 No.13 (一覧)

訪問時期:2017年5月
白河小峰城 訪問記 − 其の一

“白河小峰城 [1/3] 木造復元された三重櫓が美しい総石垣の城。” の続きを読む

岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。

岡城 訪問記 其の六。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。太鼓櫓門から三ノ丸へ、滝廉太郎像がある二之丸を経て、御三階櫓があった本丸へ。最後に本丸東に伸びる尾根の先端に築かれた下原御門へ向かう。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。” の続きを読む

岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。

岡城 訪問記 其の五。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。霧が深い。太鼓櫓門から三ノ丸へ。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。” の続きを読む