岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。

岡城 訪問記 其の六。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。太鼓櫓門から三ノ丸へ、滝廉太郎像がある二之丸を経て、御三階櫓があった本丸へ。最後に本丸東に伸びる尾根の先端に築かれた下原御門へ向かう。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [6/6] 城の東側を守る、急坂の上にそびえる下原御門へ。” の続きを読む

岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。

岡城 訪問記 其の五。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで桜馬場を通り抜け本丸を目指す。岡城で最も有名な姿、三ノ丸高石垣をガッツリ見る。霧が深い。太鼓櫓門から三ノ丸へ。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [5/6] 堅固な高石垣が守りを固める三之丸〜本丸へ。” の続きを読む

岡城 [4/6] 深い谷の上にそびえる、圧巻の三ノ丸高石垣。

岡城 訪問記 其の四。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。藩政の中心を担った巨大な西之丸御殿跡から家老屋敷跡、近戸門跡を散策。谷を回り込んで本丸を目指そう。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [4/6] 深い谷の上にそびえる、圧巻の三ノ丸高石垣。” の続きを読む

岡城 [3/6] 古絵図から平面復元された家老屋敷跡群へ。

岡城 訪問記 其の三。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。巨大な櫓門が建っていた大手門跡には石垣のみが残る。かつて巨大な御殿があった西之丸から、駐車場の真上に位置する角櫓を経て、西之丸北東部の家老屋敷跡を経て近戸門跡へ。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [3/6] 古絵図から平面復元された家老屋敷跡群へ。” の続きを読む

岡城 [2/6] 西之丸から伸びる細尾根の先端部に築かれた孤高の角櫓跡。

岡城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
駐車場から坂道を上り大手門跡へ。巨大な櫓門が建っていた大手門跡には石垣のみが残る。かつて巨大な御殿があった西之丸へ。

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [2/6] 西之丸から伸びる細尾根の先端部に築かれた孤高の角櫓跡。” の続きを読む

岡城 [1/6] 「荒城の月」で有名な超巨大要塞の遺構。

豊後岡城
岡城は大分県中部の山中にそびえる総石垣の近代山城。歴史的には豊後の戦国大名 大友氏の家臣だった志賀氏の居城に始まり、秀吉時代に城主となった中川秀成が総石垣に大改修、明治まで中川氏の一族が治めた。しかし岡城の名を最も有名にしているのは、廃墟と化した岡城跡での思い出を元に書いた滝廉太郎作曲の唱歌「荒城の月」によるものだろう。ちなみに作詞は別の人でテーマも仙台城会津若松城とのこと。山上には荒城の月の歌碑や滝廉太郎の銅像などが建ち並ぶ。現在山上には巨大な石垣で築かれた要塞の跡のみが残る。

<基本データ>
●名称:岡城 (Wikipedia)
●所在:大分県竹田市 (地図)
●城主:志賀氏 / 中川秀成
●築城:14世紀頃 / 1594年(文禄3年)
●遺構:石垣
●情報:日本百名城 No.95 (一覧)

訪問時期:2017年1月
岡城 訪問記 − 其の一

“岡城 [1/6] 「荒城の月」で有名な超巨大要塞の遺構。” の続きを読む

府内城 [3/3] 内堀に沿って主郭部の石垣と復元櫓を見て回ろう。

府内城 訪問記 其の三。

[前回までの訪問記 概要]
大手門から城内へ。内堀は埋め立てられ本丸・西丸・東丸が一体化している。天守台を始めとする巨大な石垣の城壁・櫓台が随所に残る。現存する建物は二棟だが、多くの櫓や城門、廊下橋などが復元されている。北の廊下橋から内堀の外へ出た。ぐるっと内堀の周りを回ってみよう。

訪問時期:2017年1月
府内城 訪問記 − 其の一旧訪問記(2013)

“府内城 [3/3] 内堀に沿って主郭部の石垣と復元櫓を見て回ろう。” の続きを読む