島添大里城 : 断崖の上に築かれた三山時代の巨大グスク跡

島添大里城(しましーおおざとぐすく)は、琉球の三山時代における島添大里按司の居城として沖縄本島の南部に築かれたグスク。標高150mほどの琉球石灰岩の丘陵上に位置し、頂部からは首里・中城・勝連まで見たわせるという。島尻地域の東半分を支配下としていた島添大里按司だが、15世紀初めに佐敷小按司(後の中山王)尚巴志に攻められ落城。ここを拠点として尚巴志により三山統一がなされた。沖縄戦での日本軍による陣地構築および米軍攻撃、また戦後の復興資材・公園化事業により城壁などの遺構の多くは消失・改変されたが、平成6年からの整備事業で戦後のコンクリート建設物の多くは撤去され、グスクとしての整備が行われている。

<基本データ>
●名称:島添大里城 (Wikipedia)
●所在:沖縄県南城市大里 (地図)
●城主:島添大里按司
●築城:14世紀頃か
●遺構:石積、井戸、御嶽
●時間:30分 (9:30−10:00)

訪問時期:2019年3月


“島添大里城 : 断崖の上に築かれた三山時代の巨大グスク跡” の続きを読む

尼崎城(天守) [2/2] 分かりやすいパネル展示と最新アトラクション満載の再建天守へ。

尼崎城(天守) 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
平成31年に再建成った尼崎城天守へ。都市化で地上ほとんどの遺物が失われていたからこその鉄筋再建。場所は西三の丸跡、阪神尼崎駅の眼の前にそびえる天守と石垣とお堀を見る。其の二ではいよいよ再建天守の内部へ。

訪問時期:2019年4月
尼崎城(天守) 訪問記 − 其の一

尼崎城(2013年) 訪問記はコチラ


“尼崎城(天守) [2/2] 分かりやすいパネル展示と最新アトラクション満載の再建天守へ。” の続きを読む

尼崎城 (天守) [1/2] 平成最後の年に再建された尼崎城天守へ。

尼崎城は、江戸幕府が西国支配の拠点である大坂の西の守りとして譜代大名・戸田氏鉄(うじかね)を膳所(ぜぜ)から尼崎藩主5万石として移封し、寺院を中心として栄えていた尼崎の町を城下町として整備し直して築かせた近世城郭。明治維新にて廃城。都市化により城の遺構はお堀を含めほぼ失われ、棟瓦や鯱瓦などがわずかに伝わる程度。だったが平成31年、地元の資産家(関西地区では有名なミドリ電化)が私財を投じて外観復元天守を西三の丸跡に再建、市に寄贈し、市民の憩いの場と観光地化が行われた。

<基本データ>
●名称:尼崎城 (Wikipedia)
●所在:兵庫県尼崎市 (地図)
●城主:戸田氏鉄 / 青山氏 / 松平氏
●築城:元和三年(1617)
●遺構:なし
●時間:1時間30分 (1400−1530)

訪問時期:2019年4月
尼崎城(天守) 訪問記 − 其の一

再建天守が建つ前の跡地めぐりをした尼崎城 訪問記(2013年)はコチラ。この頃はまさか天守が再建されるなんて想像もしてませんでした。

“尼崎城 (天守) [1/2] 平成最後の年に再建された尼崎城天守へ。” の続きを読む

金海竹島城 [3/3] 陸路からの攻撃を防ぐ西枡形虎口と大堀切へ。

金海竹島城 訪問記 其の三。

<前回までのあらすじ>
お寺の裏山にある金海竹島城へ。東の主郭は外周を高石垣で囲まれ堅固な様相。西側の巨大な副郭は開墾と藪により遺構は殆ど見えず。北側の帯曲輪へ降りて、城の西側を散策します。

訪問時期:2018年11月
金海竹島城 訪問記 − 其の一

続・倭城めぐりの旅 [2018] – 熊川/泗川/順天/長門浦/東莱/加徳/金海竹島
倭城めぐりの旅 [2017] – 安骨浦/釜山母/機張/西生浦/蔚山/永登浦/松真浦/長門浦/梁山/亀浦

“金海竹島城 [3/3] 陸路からの攻撃を防ぐ西枡形虎口と大堀切へ。” の続きを読む

金海竹島城 [2/3] 広い副郭は開墾と藪で散策は困難。

金海竹島城 訪問記 其の二。

<前回までのあらすじ>
駐車場からスロープを上がってお寺の裏山にある城跡主郭部へ。北側に巨大な高石垣が残り、枡形虎口や櫓台が往時の堅固さを物語っていた。其の二では城の西側を目指します。

訪問時期:2018年11月
金海竹島城 訪問記 − 其の一

続・倭城めぐりの旅 [2018] – 熊川/泗川/順天/長門浦/東莱/加徳/金海竹島
倭城めぐりの旅 [2017] – 安骨浦/釜山母/機張/西生浦/蔚山/永登浦/松真浦/長門浦/梁山/亀浦

“金海竹島城 [2/3] 広い副郭は開墾と藪で散策は困難。” の続きを読む

金海竹島城 [1/3] 洛東江の水上交通を確保する巨大な拠点城。

金海竹島城は、文禄の役において「御仕置の城」として築かれた初期の拠点城の一つ。鍋島直茂が築城・城番を担当した。城は半島内部を流れる大河・洛東江内の要衝に築かれ、対岸の亀浦城とともに洛東江の水上交通を押さえ、半島北西部への侵攻・中継の拠点とされた。慶長の役になると、戦線縮小に伴い対岸の亀浦城は破却されたが金海竹島城は最後まで戦線を維持していた。遺構は一部を除いて開墾等により大きく失われているものの、巨大な城域に残る遺構や地形から想定される往時の姿を現地で感じられた。

<基本データ>
●名称:金海竹島城(きんかいたけしま・きめちゅくど)
●所在:釜山広域市江西区竹林洞 (地図)
●城主:鍋島直茂
●築城:文禄二年(1593)
●遺構:石垣、虎口、堀切?
●時間:2時間30分 (1145−1315)
●情報:倭城

訪問時期:2018年11月
金海竹島城 訪問記 − 其の一

続・倭城めぐりの旅 [2018] – 熊川/泗川/順天/長門浦/東莱/加徳/金海竹島
倭城めぐりの旅 [2017] – 安骨浦/釜山母/機張/西生浦/蔚山/永登浦/松真浦/長門浦/梁山/亀浦

“金海竹島城 [1/3] 洛東江の水上交通を確保する巨大な拠点城。” の続きを読む

加徳城 : 海峡の入口を守る小島に築かれた城。

倭城 加徳城
半島南部の重要拠点だった加徳島と海峡を守るべく、加徳島のすぐ北に隣接する訥次島(ぬるちゃ)という小さな島の頂部に築かれた城。訥次島に築かれていることから訥次倭城とも呼ばれる。山頂部全体が開梱および植林(松)され、ごく一部の石垣遺構等を除きどこまでが当時の姿なのか分かりづらい状態になっているものの、半島との間の細い海峡を見張るには絶好の立地であることが感じられる。冬場で山火事防止のため立入りが制限されていたらしく、途中で監視員がやってきて退去させられたが、主要部の石垣は見ることができた。

<基本データ>
●名称:加徳城 (訥次倭城)
●所在:釜山広域市江西区 (地図)
●城主:小早川隆景ら
●築城:文禄二年 (1593)
●遺構:石垣
●時間:1時間 (9:00−10:00)
●情報:倭城

訪問時期:2018年11月

続・倭城めぐりの旅 [2018] – 熊川/泗川/順天/長門浦/東莱/加徳/金海竹島
倭城めぐりの旅 [2017] – 安骨浦/釜山母/機張/西生浦/蔚山/永登浦/松真浦/長門浦/梁山/亀浦
“加徳城 : 海峡の入口を守る小島に築かれた城。” の続きを読む