久留米城 [1/2] 筑後川を背後に持つ総石垣の堅固な平山城

久留米城(くるめじょう)は九州北部、有明海へ流れる筑後川の中流に位置する平山城で、総石垣を持つ近世城郭であった。戦国期は蓮池氏・龍造寺氏が領していたが、秀吉の九州平定後で小早川隆景に筑前筑後が与えられ、久留米は養子の小早川秀包に与えられた。秀包は水堀・総石垣に天守を持つ近代城郭として整備を行い、関ヶ原後に城主となった田中吉信・有馬豊氏によって拡張され完成されたという。明治の廃城令で廃城処分となり建物は売却・解体された。本丸は篠山神社となり、高石垣および一部水堀が良好に残っている。二ノ丸・三ノ丸はブリヂストン創業の地(現 久留米工場)となった。

<基本データ>
●名称:久留米城 (Wikipedia)
●所在:福岡県久留米市篠山町 (地図)
●城主:小早川秀包 / 有馬豊氏
●築城:1587年 / 1621年
●遺構:石垣、水堀、桝形虎口
●時間:1時間30分 (1130−1300)
●情報:続日本百名城 No.183 (一覧)

訪問時期:2019年6月
久留米城 訪問記 − 其の一、二。


“久留米城 [1/2] 筑後川を背後に持つ総石垣の堅固な平山城” の続きを読む

南山城 発掘調査 現地説明会 2019.9.7 [2/2]

南山城の発掘調査に伴う現地説明会 参加レポート 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
治水のための河川付替工事で近日中に消失する予定の備中・南山城跡(岡山県倉敷市)。最後の現地説明会に参加してきました。城跡の丘陵全体が伐採・整備され、当時の構造がそのまま体感できる状態になっています。まずは受付を済ませ資料を頂いてから、東側斜面より一気に直登。丸裸になった主郭に驚き、巨大な土塁や発掘された門礎石、掘立柱建物跡などが明示されていて、当時の雰囲気が容易にイメージできる。主要部の全貌とともに見どころとなっていた南斜面の畝状竪堀群へ向かいます。

訪問時期:2019年9月
南山城 現地説明会レポート − 其の一


“南山城 発掘調査 現地説明会 2019.9.7 [2/2]” の続きを読む

南山城 発掘調査 現地説明会 2019.9.7 [1/2]

南山城(みなみやまじょう)は備中(岡山県西部)の高梁川下流沿いに位置する中世山城。高梁川とその支流に三方を囲まれた丘陵の先端に位置し、小規模ながらも周囲に多数の畝状竪堀や巨大な切岸・堀切などの堅固な設備を有している。主要部からは天目茶碗等の土器や銅銭、鉄砲玉や刀の一部などが多数出土し、ある程度の期間武士が滞在した前線基地だったと考えられる。永禄〜天正期の毛利・宇喜多・三村の争いから秀吉の高松城水攻めの頃か? 該当地域一帯が治水のための河川付替え工事により消滅するに際し大規模な発掘調査が行われており、その成果を見学できる現地説明会(2019.9.7)に参加してきました。

<基本データ>
●名称:南山城
●所在:岡山県倉敷市 (地図)
●城主:不明
●築城:16世紀頃
●遺構:畝状竪堀群、堀切、切岸、虎口、礎石 等
●時間:2時間 (1000−1200)

訪問時期:2019年9月
南山城 現地説明会 訪問記 − 其の一


“南山城 発掘調査 現地説明会 2019.9.7 [1/2]” の続きを読む

大宰府政庁跡 : 飛鳥時代から平安時代まで続いた西都・西海道統治拠点

大宰府政庁跡は大和朝廷(ヤマト政権)が全国に建てた地方統治拠点の西海道版で、政治・軍事・外交など多大な権限を有し「遠の朝廷(とおのみかど)」と呼ばれた。大宝律令(701年)制定後は全国の他の大宰府は廃止されたが、ここ筑紫国の大宰府は残された。当初は掘立小屋だった政庁も時を経て立派になり、現在見られる遺構は巨大な礎石瓦葺き建物が建ち並んだ平安後期頃の最終形態とされる。元号令和の由来となった万葉集の一節は、当時の長官(大宰帥)だった大伴旅人が自邸で開催した梅花の宴の1シーンである。また大宰府は当時の首都だった大和/山城から遠く離れており、失脚した政治家の左遷地として扱われることもあった。太宰府天満宮は、菅原道真が無実の罪で左遷され失意の中で死亡した後に朝廷内で事故・災害が多発し、道真公の祟りだと恐れられ鎮魂のために墓所に祠廟を建てたことが始まりとなっている。ちなみに史料により「大宰府」「太宰府」と表記が異なっているが、太宰府観光協会では歴史上の政庁跡を「大宰府」、行政上の地名は「太宰府」としていることから、当サイトでもそれに倣う。

<基本データ>
●名称:大宰府政庁 (Wikipedia)
●所在:福岡県太宰府市 (地図)
●城主:大和朝廷(ヤマト政権)
●築城:6〜7世紀頃
●遺構:礎石、堀跡、土塁跡等
●時間:30分 (1430−1500)

訪問時期:2019年1月


“大宰府政庁跡 : 飛鳥時代から平安時代まで続いた西都・西海道統治拠点” の続きを読む

水城 : 太宰府政庁を守るために築かれた古代の超巨大防壁跡

水城(みずき)は博多湾と大宰府を結ぶルート上に築かれた巨大防塁。白村江の戦い(663年)で破れた天智天皇ら当時の日本政権が、唐の反撃に備えて整備した防衛拠点の一つで、太宰府を守るため大野城・基肄城とともに建造された。大野城のある四王寺山と西側の丘陵の間約1.2kmを巨大な土塁と水堀で遮蔽し、東西に城門を設置した。巨大な水堀を備えていたことから水城と呼ばれる。日本書紀にも記載が残り、今も巨大な土塁の一部が明瞭に残る。

<基本データ>
●名称:水城 (Wikipedia)
●所在:福岡県太宰府市・大野城市・春日市 (地図)
●城主:天智天皇
●築城:天智天皇三年(664年)
●遺構:土塁、水堀、城門跡
●時間:15分 (1515−1530)
●情報:続日本百名城 No.182 (一覧)

訪問時期:2019年1月


“水城 : 太宰府政庁を守るために築かれた古代の超巨大防壁跡” の続きを読む

岩屋城 : 島津軍に徹底抗戦した名将 高橋紹運 激戦地

岩屋城は、太宰府政庁跡の背後にそびえる四王寺山の南部山腹に位置し、戦国大名・大友氏の筑前支配の要衝の一つだった。岩屋城を有名にしたのは戦国末期の天正14年に勃発した九州制覇を目指す島津軍との籠城戦「岩屋城の戦い」で、2万以上の島津軍に対し防御に適さないと言われた小規模な岩屋城に名将・高橋紹運は寡兵で籠もり、降伏勧告を拒絶、主家のために奮戦・玉砕した。島津軍は勝利したものの被害も大きく時間も消費し、結果的に島津の九州制圧が失敗に終わった一因とも言われる。城は断崖に面した主郭跡と、車道を隔てた先にある墓所のある曲輪の2つを中心にした簡素なもので、ここに当時700余が籠城し激戦したとは一見思えないものとなっている。

<基本データ>
●名称:岩屋城 (Wikipedia)
●所在:福岡県太宰府市 (地図)
●城主:高橋鑑種 / 高橋紹運
●築城:天文年間?
●遺構:土塁、切岸、曲輪、墓所
●時間:30分 (1700−1730)

訪問時期:2019年1月


“岩屋城 : 島津軍に徹底抗戦した名将 高橋紹運 激戦地” の続きを読む

大野城 [2/2] 大野城を取り巻く巨大土塁上を縦断

大野城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
百間石垣からスタート。ここから土塁を半周して岩屋城を抜けて太宰府政庁跡へ降りるコース。百間石垣は規模は大きいが全体的に枯れ草が覆っていて肝心の石垣が見づらく至極残念。土塁を上がって北石垣へ。そのまま土塁に沿ってぐるっと小石垣など各見どころを見ていきます。

訪問時期:2019年1月
大野城 訪問記 − 其の一


“大野城 [2/2] 大野城を取り巻く巨大土塁上を縦断” の続きを読む