高安山城(中世) : 高安山頂に築かれた信貴山城の支城か

高安山城は大阪(河内国)と奈良(大和国)の国境にある高安山頂に築かれていた中世山城。城域の中央を破壊するようにハイキング道が通ることで遺構が分断されているが、元は土塁と堀切に守られた3つの曲輪からなる出城的な小規模の城郭で奈良側に位置する信貴山城の大阪側を守る支城(出城)、または旧道があったとするとその通行を監視制御するための番所的な位置づけであったかと考えられている。発掘調査からは16世紀の柱列、礎石群、武具などが出土している。信貴山城から古代高安城を経て、ここ中世高安山城へやってきた。

<基本データ>
●名称:高安山城
●所在:大阪府八尾市服部川 (地図)
●城主:松永久秀?
●築城:戦国末期頃
●遺構:空堀、土塁
●時間:30分(15:00-15:30)
●参考:戎光祥出版「近畿の城郭I

訪問時期:2021年12月

【信貴山〜高安山 縦走シリーズ】
・信貴山城 訪問記 − 其の一
・古代高安城 訪問記 − 其の一
・中世高安山城 訪問記 − 其の一


<訪問記>


【信貴山〜高安山 縦走シリーズ】
・信貴山城 訪問記 − 其の一
・高安城(古代) 訪問記 − 其の一
・高安山城(中世) 訪問記 − 其の一

訪問時期:2021年12月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る