轟城 : 急斜面の丘陵に築かれた山名家重臣 垣屋豊続の城

轟城(とどろきじょう)は但馬 豊岡の西部を流れる竹野川沿いの丘陵に築かれた中世山城。戦国期は山名四天王に数えられた重臣 垣屋豊続が、ここを拠点として但馬に侵攻してきた織田方と戦っている。その後 垣屋氏は織田方の羽柴秀長に降伏した。城はよく削平された主郭に秋葉神社が鎮座し、三方に伸びる尾根に曲輪や堀切などを築いている。登山ルート含め、尾根はかなりの急斜面で、殆ど幅のないつづら折れの斜面を上り下りする必要がある。

<基本データ>
●名称:轟城 (とどろきじょう)
●所在:兵庫県豊岡市竹野町 (地図)
●城主:垣屋豊続
●築城:16世紀頃か
●遺構:堀切、竪堀、土塁、切岸
●時間:1時間 (15:30-16:30)
●参考:戎光祥出版「近畿の城郭V

訪問時期:2021年12月


<訪問記>

訪問時期:2021年12月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る