広城 : 紀伊国守護 畠山氏の室町中期の本拠地

広城(ひろじょう)は紀伊国守護職を叙任された畠山基国が応永八年(1401)に築かれたと伝わる。初め大野城へ入城し、その後ここ広城を築いた。16世紀前半に近隣の豪族だった亀山城の湯川氏、平須賀城の野辺氏らに攻められ落城したという。城はみかん畑になっている標高135mの高城山に築かれ、西のピークと東のピークにそれぞれ築かれていたというが、西のピークはみかん畑となり遺構は失われている。みかん畑の奥にある東のピークには切岸・堀切などが明瞭に残っている。守護畠山氏の居城は大野城(14世紀)→広城(15世紀)→鳥屋城(16世紀)と時代ごとに変遷していく。

<基本データ>
●名称:紀伊 広城 (ひろじょう)
●所在:和歌山県有賀郡湯浅町 (地図)
●城主:畠山基国
●築城:15世紀頃
●遺構:曲輪、堀切、土塁、石積
●時間:1時間半 (11:00-12:30)
●参考:戎光祥出版「戦国和歌山の群雄と城館

訪問時期:2017年2月


<訪問記>

訪問時期:2017年2月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF14mm


ページの一番上に戻る