土井城跡 : 安宅荘の北端を守る石積と堀切で武装した中世城郭

土井城は、和歌山県・南紀エリアで戦国期に勢力を持っていた安宅氏の一族・土井氏の中世城郭とされる。安宅一族の拠点が集まる日置地区の北、田野井地区の山間部にあり、敵対する他領主との最前線の城と考えられている。城は頂部を中心とした主郭部の北側を巨大な堀切群で遮断し防御している。主郭や南側の大手道沿いに多数の石積(石垣)が見られる。

<基本データ>
●名称:土井城
●所在:和歌山県西牟婁郡白浜町田野井 (地図)
●城主:土井氏?安宅氏?
●築城:15−16世紀?
●遺構:石積、堀切、竪堀、土塁、礎石等
●時間:1時間 (14:00-15:00)
●参考:戎光祥出版「戦国和歌山の群雄と城館

訪問時期:2018年1月


<訪問記>

訪問時期:2018年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る