津田城 : 椿井文書の舞台となった、河内・大和・山城の国境に位置する山中の陣城跡

津田城は大阪東部、枚方市の国見山に残る中世城館跡とされる場所。河内(東大阪)・大和(奈良)・山城(京都)の境目に近く古くからの要衝の地だったことから、もともと山岳寺院だった場所を活用した要害として、三好三人衆や松永久秀らに使われた地と言われる。比高215mの国見山山頂に狭い削平地などがあるが規模は非常に小さく、城の構造としても異様で、山岳寺院跡かまたは一時的な駐屯地程度だったとも考えられている。この津田城、かつては津田氏という国人領主の居城だったとされていたが、近年の研究で「国人領主・津田周防守正信の津田城」の話自体が江戸時代の創作で、しかも軍記物ではなく古文書自体が偽造であることが判明している(参考;中公新書・馬部隆弘著「椿井文書」)。参考文書ではこの津田城案件が椿井文書(偽書)の代表事例として挙げられており、津田城が注目を浴びた。現在、国見山一帯はハイキングコースとして整備されている。

<基本データ>
●名称:津田城
●所在:大阪府枚方市津田 (地図)
●城主:松永久秀、三好三人衆
●築城:15世紀末?
●遺構:土塁
●時間:30分(0900-0930)
●参考:戎光祥出版「近畿の城郭I」、中公新書・馬部隆弘著「椿井文書

訪問時期:2017年1月


<訪問記>

訪問時期:2017年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る