高槻城 [1/2] 室町期から江戸期にかけて北摂地域の重要拠点だった近世城郭

高槻城は大阪府高槻市にかつて存在した平城で、室町期から江戸期を通じて北摂地域を押さえる重要拠点として機能した。秀吉の元で活躍したキリシタン大名・高山右近が城主を勤めたことで有名、城跡近くにはキリシタン関連の遺構や跡地が見られる。巨大な二重の水堀や多数の枡形虎口を固めた石垣は廃城後に鉄道敷設等に再利用されほぼ地表には残っておらず、城跡は学校や公園、住宅街となった。三の丸跡に築かれている「しろあと資料館」は入場無料にもかかわらず資料も説明も豊富でオススメ。

<基本データ>
●名称:高槻城 (Wikipedia)
●所在:大阪府高槻市 (地図)
●城主:和田惟政、高山右近、永井直清
●築城:1569年(和田)、1576年(高山)、1649年(永井)
●遺構:土塁、移築門

訪問時期:2019年9月
高槻城 訪問記 – 其の一
高槻城 訪問記(2013) – 其の一


<訪問記>

>> 高槻城 訪問記 其の二へ。<<

2013年に訪れた際の旧訪問記はコチラ

訪問時期:2019年9月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る