根福寺城 [2/2] 城の南西斜面に明瞭に残る巨大な畝状竪堀群

根福寺城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
城の東側から竹林を直登して城内へ。城域を区切る巨大な二重堀切から東丸と呼ばれる城郭寺院エリアを散策。低い石積とかある。東西を分割する鞍部の門跡らしき跡を見て西丸へ。千畳敷からは関空が見えた。いよいよ最大の見所、南西斜面に残る巨大な畝状竪堀群へ降りていく。

訪問時期:2019年5月
根福寺城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

大阪府下に残る中世山城で、これだけ巨大な畝状竪堀群が作られているのは珍しい。飯盛城・芥川山城・烏帽子形城などと並んで、根福寺城も必見の「大阪の中世城郭」と言っていいと思う。着くまでも着いてからも大変なお城だが、おすすめ。

訪問時期:2019年5月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る