鴾ヶ堂城 : 盆地を見下ろす地に築かれた地元国衆の拠点

鴾ヶ堂城(つきがどうじょう)は播磨西部を流れる千種川沿岸の三重山に築かれた山城で、川が流れる盆地側からは急峻な岩山としてそびえ立っている。山の裏側には山岳寺院・医王山験行寺があり、岩盤が露出する磐座のような場所も残る。詳細は不明ながら江戸時代の地誌「播州赤穂郡志」にも「牟禮鴾堂の城」の存在が記載されている。近畿の城郭IIIによると、遺構から戦国期に織田方についた播磨国衆が毛利/宇喜多勢を攻めるための拠点の一つとして利用されたと考えられる、とある。現在は赤穂ふれあいの森として付近が整備され、岩盤の上には展望台が建てられている。盆地にあるJR有年駅からも山上の展望台がちょっとだけ見える。

<基本データ>
●名称:鴾ヶ堂城 (つきがどうじょう)
●所在:兵庫県赤穂市有年横尾 (地図)
●城主:小田治内?
●築城:不明
●遺構:堀切、土橋、竪堀、石積など
●時間:40分 (1450−1530)

訪問時期:2020年5月


<訪問記>

訪問時期:2020年5月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。