白旗城 [1/5] 比高400mにそびえる播磨守護 赤松氏の居城跡

白旗城(しらはたじょう)は播磨国守護・赤松氏が最初に拠点とした西播磨の中世山城跡。標高440mの急峻な岩山である白旗山頂部の尾根に群郭が広がる。太平記によれば1336年(建武三年)、赤松円心則村が西進する新田義貞軍を食い止めるべく築城したとある。山腹は花崗岩が散乱する異様な山で、技巧的な防衛設備は少ないながらもその高さと自然地形により高い防御力を誇ったと思われる。遺構は主に室町期のものと思われる。山上には広い削平地に加え、庭園跡や谷に何段にも築かれた石積み、磐座とも思われる巨石の高台などが残る。

<基本データ>
●名称:白旗城 (Wikipedia)
●所在:兵庫県赤穂郡上郡町 (地図)
●城主:赤松円心
●築城:建武三年(1336)
●遺構:曲輪、虎口、土塁、石積、堀切
●時間:5時間 (9:10−14:10)

訪問時期:2020年5月 / 2019年1月
白旗城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

>> 白旗城 [2/5] へ続く。<<

訪問時期:2019年1月 / 2020年5月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。