結石山城:かつて礎石建物が建っていた、朝鮮半島を見据える山城。

結石山城(ゆいしやまじょう)は対馬の北端・大浦湾の西側に位置する山城跡。東側の山上には撃方山城がある。古代には対馬海峡を監視するため烽(とぶひ)が築かれ防人が居たとも言われ、また朝鮮出兵(文禄の役)では最前線基地だった大浦湾から出撃しており東西の山城は当時の基地だった可能性もある。朝鮮半島に向けて削平された最後部には美しく並んだ礎石が出土し、石垣の断片なども見つかっている。

<基本データ>
●名称:結石山城(ゆいしやまじょう)
●所在:長崎県対馬市上対馬町 (地図)
●城主:?
●築城:?
●遺構:曲輪、礎石、石垣?
●時間:30分 (1100−1130)

訪問時期:2019年1月


<訪問記>

訪問時期:2019年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。