対馬 金田城 [1/4] 長大な石垣の城壁を持つ最前線の古代山城

金田城(かねだじょう/かなたのき)は飛鳥時代に対馬に築かれた古代山城。663年の白村江の戦いで唐・新羅連合軍に破れた大和政権は、唐の侵攻に備え、九州から瀬戸内にかけて巨石を用いた山城を複数築いた。金田城はそのうち最も朝鮮半島に近い対馬の中央部に位置する。山頂部を囲むように築かれた長大な石垣の城壁と直方体に切り出した巨石の水門がよく残っており、圧倒される。近代になって陸軍が城跡に砲台を設置し、その際に造られた軍道が現在の登山ルートの大部分となっている。

<基本データ>
●名称:金田城 (Wikipedia)
●所在:長崎県対馬市美津島町 (地図)
●城主:大和政権
●築城:667年
●遺構:石塁、門跡、建物跡
●時間:5時間 (1230−1730)
●情報:続日本百名城 No.186 (一覧)

訪問時期:2019年1月
対馬 金田城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

>> 対馬 金田城 [2/4] へ続く。<<

訪問時期:2019年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。