[blog] 続百スタンプページ更新&新潟の旅

2019年の後半もお城には行っていましたがサイト更新が出来ていなかったので、色々と溜まっています。今日は100名城・続100名城スタンプページを更新しました。お城メダルも新たに何枚か手に入れましたが、そちらはまた今度…。

100名城スタンプ: 31 新発田城(+1城)
続100名城スタンプ:115 名胡桃城、116 沼田城、131 村上城、145 興国寺城(+4城)

新規スタンプの大半は、9月に行った新潟/群馬の城巡りででした。電車とバスとレンタサイクルと徒歩のひとり旅です。大阪から1泊2日で9城行きました(行きは夜行バスなので1泊3日?)。行程とお城を簡単にご紹介したいと思います。


初日

夜行バス「おけさ号」で大阪から新潟へ。約9時間の長旅。コンセントも完備でいい感じ。結構乗車率は高い。起きたらもう新潟駅に着いていた。

.

7:15発の新発田行きでまずは北上。朝早いのに学生の通勤電車なのか結構いっぱい。新発田駅から歩いて「新発田城」へ。到着したらまだ開いてなくて、堀の外を行ったり来たりしてじっくり見る。9時に開門。復元された櫓にも入れて満足。有名な三つ鯱の櫓は立入禁止で外から見るだけ。

.

続いて新発田から北上して村上方面へ。中条駅で途中下車、揚北衆の中世の屋敷跡が復元されている「江上館」「坊城館」を見学していく。巨大な土塁とお堀が復元され、建物跡は平面復元。資料館が開いてなくて残念。

.

更に北上して村上駅へ。駅でレンタサイクルを借りて「村上城」へ。麓からつづら折れの登山道をあがり、山上にそびえる圧巻の高石垣に圧倒。大満足。裏側に残る揚北衆・本庄氏時代の遺構も草ぼうぼうの中見に行く。続いて更にレンタサイクルで30分北上し、こちらも揚北衆の中世山城「大葉澤城」へ。無数の畝状竪堀(畝形阻塞)が主郭を取り囲む様に驚愕する。

.

電車の本数が少ないので必死で自転車こいで村上駅に戻り、この日は長岡泊。名物「へぎそば」とソースカツ丼をいただく。海藻を練り込んだ蕎麦とのこと。その後は地元のエチゴビールを頂きたかったが販売店はすでに殆ど閉まっててコンビニには売ってなく、断念。


二日目

早朝に出発、駅前の「長岡城」の石碑を見てから、かつての政庁だった「蔵王堂城」へ。結構遠かった。土塁と堀に驚いてから、まためっちゃ歩いて駅へ戻る。長岡といえば河井継之助と山本五十六。どちらの資料館もあるのだが時間が押してて前だけ歩いてスルー。長岡から群馬方面へ。

.

上毛高原駅で降りて名胡桃城へ向かう。途中、国道で分断された中世城郭「小川城」へ立ち寄り。すごい堀切が残ってた。更に徒歩1時間でやっと「名胡桃城」へ到着。夏場で汗だく、資料館で涼んでから場内を散策。キレイに整備されてた(が奥の方は草ぼうぼう)。

.

更に名胡桃から南下して沼田へ向かおうとするが交通手段が無く、歩いていくのは無謀と資料館で言われる。困っていたところにたまたまその場に沼田在住の方が居られ、今から帰るので乗せていきましょうかとのご提案。すばらしい出会いに乾杯!お城トークで盛り上がりながら10分ほどで行程最後の「沼田城」へ。膨大な敷地ながら遺構は少ない沼田城だけどブラタモリみたく城下町を歩いたり河岸段丘を見たりして楽しむ。

.

沼田城を見終えて河岸段丘を歩いて降りて沼田駅へ。時刻は16時。どうやって帰るか検討した結果、一度乗ってみたかった北陸新幹線とサンダーバードを乗り継いで大阪へ向かうことに。高崎ではくたかに乗り換え、約6時間かけて大阪へ帰着。おつかれさまでした。


メインコンテンツのお城訪問記の方もボチボチと復活していきます。ではまた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中