金石城 [1/2] 対馬・宗氏の居城だった総石垣の平城

金石城(かねいしじょう)は、中世から近世にかけて対馬を治めた宗(そう)氏代々の居館が置かれていた近世城郭。享禄元年(1528年)に発生した一族の内紛で時の当主・宗将盛は屋敷を焼失、国分寺に避難した際にその東側に築いた金石屋形がその始まりとされる。その後 戦国期を経て江戸前期には総石垣の近世城郭に拡張・改修され、桟原城が築かれるまでは藩庁として機能していた。裏山には文禄・慶長の役の際に秀吉の命で築かれた清水山城がある。建物や石垣の大半は明治以降に失われたが、金石城の顔だった二層櫓門(大手門)が古写真等を元に復元され、庭園や城門跡などが復元、城下町やお船江などが残されている。(お船江・西漕手は別ページにまとめています→金石城 お船江跡 訪問記

<基本データ>
●名称:金石城 (Wikipedia)
●所在:長崎県対馬市 (地図)
●城主:宗氏
●築城:1528年(享禄元年) / 1665年(寛文五年)
●遺構:石垣、復元櫓門、庭園、墓所
●時間:1時間30分 (0830−1000)

訪問時期:2019年1月
金石城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

続いて其の二では、宗家墓所跡や武家屋敷跡を始め、城下に残る金石城の痕跡を見に街ブラしてきます。

>> 金石城 [2/2] へ続く。<<

訪問時期:2019年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中