出島跡 [2/2] 当時の出島生活が再現されたカピタン部屋へ。

出島跡 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
明治以降、埋立や河川工事で大きく損なわれた出島は、近年 復元工事が進んでいる。かつて九州本島と繋がっていた北側の橋から”上陸”。鎖国時代を再現したエリアを散策。一つ一つの建物や展示が良く出来ていて、しっかり見ていくとかなり時間が必要だったのは嬉しい誤算。其の二ではオランダ側の責任者が住んでいた「カピタン部屋」やミニ出島を見に行きます。

訪問時期:2019年6月
出島跡 訪問記 − 其の一


<訪問記>

訪問時期:2019年6月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

ページの一番上に戻る

出島跡 [2/2] 当時の出島生活が再現されたカピタン部屋へ。” への1件のフィードバック

  1. 出島跡もすごく歴史深いところですね。
    この場所も初めて拝見させて頂きましたが、さすが建物も西洋なのですね。
    日本は全国に比べると小さい島国ですが、歴史を探ってみると地域毎に
    様々な歴史が存在するのだなぁと改めて考えさせられるものがあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中