南山城 発掘調査 現地説明会 2019.9.7 [1/2]

南山城(みなみやまじょう)は備中(岡山県西部)の高梁川下流沿いに位置する中世山城。高梁川とその支流に三方を囲まれた丘陵の先端に位置し、小規模ながらも周囲に多数の畝状竪堀や巨大な切岸・堀切などの堅固な設備を有している。主要部からは天目茶碗等の土器や銅銭、鉄砲玉や刀の一部などが多数出土し、ある程度の期間武士が滞在した前線基地だったと考えられる。永禄〜天正期の毛利・宇喜多・三村の争いから秀吉の高松城水攻めの頃か? 該当地域一帯が治水のための河川付替え工事により消滅するに際し大規模な発掘調査が行われており、その成果を見学できる現地説明会(2019.9.7)に参加してきました。

<基本データ>
●名称:南山城
●所在:岡山県倉敷市 (地図)
●城主:不明
●築城:16世紀頃
●遺構:畝状竪堀群、堀切、切岸、虎口、礎石 等
●時間:2時間 (1000−1200)

訪問時期:2019年9月
南山城 現地説明会 訪問記 − 其の一


<訪問記>

その2では南側の畝状竪堀群を見に行きます。

>> 南山城 現地説明会 [2/2] へ続く。<<

訪問時期:2019年9月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。