水城 : 太宰府政庁を守るために築かれた古代の超巨大防壁跡

水城(みずき)は博多湾と大宰府を結ぶルート上に築かれた巨大防塁。白村江の戦い(663年)で破れた天智天皇ら当時の日本政権が、唐の反撃に備えて整備した防衛拠点の一つで、太宰府を守るため大野城・基肄城とともに建造された。大野城のある四王寺山と西側の丘陵の間約1.2kmを巨大な土塁と水堀で遮蔽し、東西に城門を設置した。巨大な水堀を備えていたことから水城と呼ばれる。日本書紀にも記載が残り、今も巨大な土塁の一部が明瞭に残る。

<基本データ>
●名称:水城 (Wikipedia)
●所在:福岡県太宰府市・大野城市・春日市 (地図)
●城主:天智天皇
●築城:天智天皇三年(664年)
●遺構:土塁、水堀、城門跡
●時間:15分 (1515−1530)
●情報:続日本百名城 No.182 (一覧)

訪問時期:2019年1月


<訪問記>

今回は時間がなく水城跡はここまで。この先の大野城百間石垣へと急いだ。実はこの資料館の上の土塁には登ることが出来、低い角度からだが水城の伸びる巨大土塁を俯瞰することができるそうだ。まだ堀跡も、西門も見ていない。いずれ。


この日は四王寺山一帯の史蹟めぐりということで下記を回っています。セットでどうぞ。
大宰府政庁跡(飛鳥時代〜平安時代の役所跡)
水城跡(古代城壁・続百名城)
大野城跡(古代山城・百名城)
岩屋城跡(戦国時代の山城)

訪問時期:2019年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。