糸数城 [1/2] 断崖の上に築かれた、長い高石垣が囲む単郭グスク。

糸数城(いとかずじょう)は沖縄本島南部の断崖上に築かれた三山分立時代のグスクで、一帯を統治していた玉城按司が三男に築城させたという伝説が残る。城の三方は断崖に面し、唯一陸続きの東側には高石垣の城壁が築かれている。石垣は全体的に野面積みだが、城門や一部の櫓台では切石が使われている。北側は石垣が岩盤の上に登るように築かれている。城内は整備作業が進められており、美しい石垣は積み直しがされているものと思われる。

<基本データ>
●名称:糸数城 (Wikipedia)
●所在:沖縄県南城市 (地図)
●城主:糸数按司?
●築城:14世紀前半頃?
●遺構:石垣、城門跡
●時間:40分 (1410−1450)

訪問時期:2019年3月
糸数城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

>> 糸数城 [2/2] へ続く。<<

訪問時期:2019年3月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。