永登浦城 [2/2] 本丸の北側に残る苔むした長い石垣を見よう。

永登浦城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
北側の谷あいから直登で登城開始。長く苦しい藪こぎを越えた後に斜面を直登し、なんとか尾根筋へ到着。鉄塔の奥にある大手口を見た後、主郭方面への尾根筋に築かれた石垣のある城壁群を見て行った。そして本丸へ。

訪問時期:2017年11月
永登浦城 訪問記 − 其の一
倭城めぐりの旅 − トップページ


<訪問記>

wajo_yondonpo-32_7237細尾根上に築かれた三段の石垣城壁を越えて、本丸へ。腐葉土が積もって分かりづらいが、正面右側のやや凹んだ場所が本丸虎口。

wajo_yondonpo-33_7239本丸虎口を入って内側から。入ってすぐ左へ折れ曲がっている。

wajo_yondonpo-34_7238虎口横の土塁上から、尾根筋を見下ろす。ちょっとした高さがある。当時は柵か土塀が建てられ全く中が見えない状態になっていたことだろう。

wajo_yondonpo-35_7241本丸虎口を少し引いて全景を見る。虎口入った先には凹んだ道が続いている。複雑にルート設計がされていたのかもしれない。

wajo_yondonpo-36_7249本丸には一部丸く土塁を作り囲んでいるような場所があった。枯葉の山に埋もれていてもその姿の片鱗はよく分かる。右奥(見切れている)には天守台とされる最大の盛り上がりがあるので、その天守台の手前にこの土塁スペースがある。

wajo_yondonpo-37_7256こちらもやや小さいながらも土塁で囲われたスペース。

wajo_yondonpo-38_7257右奥の天守台と想定される櫓台跡と、その手前の土塁で囲われた場所の全景。

wajo_yondonpo-39_7261天守台サイドには僅かながらに石垣跡が残る。大きく崩れていて本来はどれぐらいの高さがあったのかも分からなくなっていた。

wajo_yondonpo-40_7265天守台の上へ。回りが見渡せる。ここは城の北端で、山自体の北端頂部でもあるため、ここに三層なりの建物を建てれば、北の海峡や更にその奥の半島南部、およびそこに築かれた倭城群もよく見渡せたことだろう。今は残念ながらこの通り山に戻っているため全く眺望はきかなかった。

wajo_yondonpo-41_7269では本丸の北側に降りてみよう。本丸の南側(尾根筋ルート)は見てきたとおり余り明瞭に遺構は残っていなかったが、北側(海峡側)は元々見せる側なのでしっかり積まれていたのか、破壊を免れたのか、良好に残っている。右奥の張り出した場所の上は天守台。

wajo_yondonpo-42_7272天守台の隅石。算木積みではないが、しっかりと隅を合わせて積み上げている。

wajo_yondonpo-43_7273隅石越しに見る本丸石垣。

wajo_yondonpo-44_7275天守台には途中もう一箇所張り出している場所があった。写真右側の手前に伸びている石垣がそう。どういう構造になっていたのだろうか。

wajo_yondonpo-45_7276天守台の張り出し部から奥を見る。ここの隅部には比較的大きな石が積まれている。

wajo_yondonpo-46_7278天守台の北西端。崩壊しているのか、埋もれているのか。その両方だろう。

wajo_yondonpo-47_7281本丸から西へ尾根筋を降りていく。その先にも出丸的な場所がある。奥に見えるのは振り返ってみた本丸、天守台。やはり西側の防衛がキーだったようだ。石垣や土塁、竪堀など防衛設備はほぼ西側に集中して築かれている。

wajo_yondonpo-48_7282本丸から西へ伸びる尾根筋。出丸までは緩やかな斜面で、ときおり凹みや段差が設けられている。

wajo_yondonpo-49_7283木々の間から少し垣間見えた、北の海峡。木々を伐採すればまさに一望だろう。

wajo_yondonpo-50_7287北西の出丸へ到着。尾根の先端に石垣で物見台を造っている。

wajo_yondonpo-51_7294隅部は大きく破却された跡が残る。

wajo_yondonpo-52_7296それでもしっかりと石垣が積まれている。一部折り曲げも作られていた。なお出丸の更に西側には縄張図では竪堀が描かれていたが、枯葉の山で識別不能だった。

wajo_yondonpo-53_7298西の出丸の外周をぐるり。一周がっちりと石垣で固められており、尾根の先端にもあたるので、西側からこの要塞はよく見えただろう。

wajo_yondonpo-54_7302では下山しよう。本丸東側に降りる道があったので、そこから尾根を降りる。

wajo_yondonpo-55_7303どんどん降りていくと、途中 巨石とその前に小さな石積を設けた場所があった。城とは関係がない、恐らく地元の古い宗教的な場所だろうとのこと。古くから巨石や大木など自然物へ祈りを捧げる風習が地方にはあるとか。

wajo_yondonpo-56_7308かなり斜面の上に築かれているので、ここへ下からあがってくるのは大変だろう。下山の場合は、ここで尾根が終わるのでここから斜面を直接降りる。

wajo_yondonpo-57_7309しばらく降りると、突然広い場所へ到達した。登山道ではないが、降りるなら本丸東から降りていくとここへ出られる。正面には海峡とその先に見える半島南部。おつかれさまでした。

訪問時期:2017年11月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF10-24mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る