倭城めぐり 3日目。

2017年秋に倭城めぐりに行って来ました。このページはその道中記をまとめています。倭城の話はそれぞれの城ごとにまとめた訪問記へどうぞ。
●道中記 1日目2日目3日目4日目まとめ
●訪問記 安骨浦城釜山浦城機張城西生浦城蔚山城永登浦城松真浦城長門浦城梁山城亀浦城


今日の行程。

3日目は巨済島へ渡り、海峡を守るよう島の北端に築かれた三城を訪れる。本日の行程は以下の通り。

wajo-map_day3a

巨済島には北東に3城と南西に1城が築かれたようだが、今回行くのは北の3城。いずれも文禄の役が始まって間もなく築かれたようだ。集中していて分かりづらいのでアップにした地図も作ってみた。

wajo-map_day3b

朝鮮出兵の目的は明国の征服あるいは朝鮮半島南部の割譲であり、巨済島の城はあくまで半島側に築かれた倭城や港湾を守るために海峡を監視する役割を持っていたようだ。いずれも半島側と比べて小規模というが、果たして。

朝8時。ホテルを出発、巨済島を目指す。途中 巨大クレーン(通称キリンさん)が盛大に立ち並ぶ港湾を通過。湾岸沿いをずっと走って巨済島へ。

wajo_d3_01


6城目:永登浦城(よんどんぽ うぇそん)

まずは巨済島の最北端に築かれた永登浦城へ。標高225mに位置し、島内で最も高い位置に築かれているという。海峡を隔てた先にある安骨浦城や熊川城も十分見える位置にあるとか。

9:30、永登浦城へ通じる道へ到着。車で行けるところまで行こうと試みるも、どんどん坂道かつ道が細くなっていくため、途中で下車して歩いて登ることに。地図を見ると目の前の結構高い山がどうやら永登浦城のようだ。途中道が途切れる。そのまま藪と森のなかに突っ込んでいくが、これが大変な登城の始まりだった。

詳細は訪問記へ。
永登浦城 訪問記 其の一

下山したのは13時過ぎ。城は比較的 小規模だったが、直登と藪こぎで結局3時間半の長丁場となった。


お昼ごはん。

いきなりの直登藪こぎで疲労困憊の身体を癒すため、辛くないものを食べようということでクッパ屋さんへ。豚肉が入ったテジクッパ。ご飯は別の器に入っており自分で入れるスタイル。全く辛く無いが途中で飽きてきたので、結局 付け合せのキムチやら辛い調味料を入れて赤くしてしまうのであった。

wajo_d3_02

お腹いっぱいになってホッとしたところで、次のお城へ。もう直登はありませんように。


7城目:松真浦城(そんじんぽ うぇそん)

車は弓道場へ。どうやら弓道城の裏山が松真浦城のようだ。目の前には湾が広がり、それを挟むように向かい側の山には長門浦城があるという。14時、弓道場の人に挨拶をして、登城開始。

詳細は訪問記へ。
松真浦城 訪問記 其の一

港湾を守るように築かれた倭城。開発により埋め立てられもはや湾岸沿いでは無くなった場所も多い中、ここは城のすぐ横まで海が残っており、当時の姿が少しだけ感じられる場所だった。ここもこじんまりながら、湾に見せるように築かれた遺構が面白くて行ったり来たりで約2時間半。16時半、日暮れも近いが、一応 本日 3城目の長門浦城を目指す。


8城目:長門浦城(ちゃんむんぽ うぇそん)

松真浦城の長木湾を挟んで500mほどの位置にある、長門浦城。城は前方の湾に面した北曲輪群と、後方の山上に築かれた南曲輪群とに分かれ、その間を道路が貫いている。車で道路を走っていると、突如 道路脇に巨大な石垣が出現! 時刻は16:40、日暮れ前だがこれは見ていかないとということで、日暮れまでの30分一本勝負で北曲輪群のみ散策することになった。

詳細は訪問記へ。
長門浦城 訪問記 其の一

北曲輪群のみということで遺構の半分しか見ていないが、今日の締めくくりとしては非常に満足度の高い技巧的な縄張りが見られ大満足で3日目を終えた。さあ釜山へ戻って晩ごはんをいただこう。


晩ごはん。

今日の晩ごはんはノープラン。昨日のロシア街を抜け、中華街を通り、商店街を越えて、たまたま目に入った海鮮料理の店へ。またも日本語は通じないお店、回りの人達が食べている海鮮と野菜が入った辛そうな大皿料理を注文する。

wajo_d3_03

なんとこれが激辛で、最初はそれでも美味しく頂いていたのだが、途中で辛さのキャパを越えてしまい、メンバー全員の箸が止まる。大皿料理なので量が多く、食べても食べても減らないし、味もずっと同じで飽きてくる。カニ版とエビ版があり一皿ずつ注文していて、どちらも甲殻類で殻のまま調理されていたので殻を剥きながら食べるという面倒くささ。半分ほど食べて諦めた。その時点でもう他の料理を頼む気にもならず終了。回りの韓国人はほぼこれを頼んでいたので、ここの名物料理なのだろうか。

wajo_d3_04

世界中どこに行っても中華街はこのド派手さ。華僑大飯店。

wajo_d3_05

韓国の商店街を通り抜ける。色使いがカラフルで派手。道の真ん中にめちゃくちゃモノが置いてあるが、実はこれは露店で、時々 店番のおばちゃんが座っていた。露店の切れ目でしか露店の反対側には渡れない。

以上で 3日目は終了。明日はいよいよ最終日だ。そろそろ辛くない普通のちゃんとした料理が恋しくなってきたぞ。

>> 倭城めぐり 4日目 へ続く。<<

訪問時期:2017年11月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF10-24mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る