西生浦城 [1/4] 巨大石垣や登り石垣が残る壮大な倭城跡。

倭城 西生浦城
西生浦城は文禄の役後半に加藤清正によって築かれた東海岸”御仕置之城”の一つ。慶長の役でも蔚山籠城戦後の東海岸の重要拠点となったが、秀吉死去後の撤退で破城された。かつて軍港を取り囲んでいた登り石垣が今も山麓に良好に残り、山上にも天守台含め大方の石垣が残ることから、最も見所の多い倭城跡の一つと言われる。しかし近年行われている石垣の補修工事では元の姿と全く異なる積み方に改竄されており、文化財としての価値が急速に失われている実態がある。

<基本データ>
●名称:西生浦城 (そせんぽ うぇそん)
●所在:蔚山広域市蔚州郡 (地図)
●城主:加藤清正
●築城:文禄二年 (1593)
●遺構:石垣、天守台、虎口、登り石垣
●情報:倭城

訪問時期:2017年11月

西生浦城 訪問記 − 其の一
倭城めぐりの旅 − トップページ


<訪問記>

wajo_sosenpo-01_6693西生浦城と言えば、この登り石垣。必携書 倭城を歩く の表紙にも採用されているあれだ。表紙の写真はここではなく少し下った隅部からだが、個人的には最も 登り石垣 が見やすい場所は、この写真の場所だろう。これはパンフレットが置いてある案内所の前(案内所は右前のログハウス風の建物)。日本語が話せるスタッフと、日本語も記載されたカラーのキレイなパンフレットが置いてある。

wajo_sosenpo-02_6685案内所の前は登り石垣の切れ目がある。平虎口跡と思っていたが、石垣の隅部が全く残っていないため、後年に道を作るために開けた場所の可能性が高い。その登り石垣の下部の内側に、日本統治時代の史蹟碑が残る。

wajo_sosenpo-03_6687ちょっと登り石垣を覗いてみると、下の方までずーっと続いていた。まずは城の上へあがって、降りてきてから登り石垣の先端まで降りてみることにしよう。

wajo_sosenpo-04_6684では登り石垣に沿って、山上の城跡へ向かおう。車道が延びているが、工事車両用で、ここからは徒歩であがる。右奥の山の上が西生浦城だ。

wajo_sosenpo-05_6952巨大なタイルの案内板。大きすぎて上の方の細かいところが見づらい。右下には日本語の説明も書いてある。

wajo_sosenpo-06_6953巨大タイル説明板の、主郭部アップ。今いるのは右下の10番の道の下。紫の屋根の櫓などが沢山描かれているが、もちろん現存は無し。

wajo_sosenpo-07_6954巨大タイル説明板の、右下の日本語説明文。西生浦城は文禄の役で築城後 常に城番大名らが城を守り、秀吉死去後の撤退で破城となったが、そういった説明ではなく、文禄の役では朝鮮側の「多くの外交的成果を上げ」、慶長の役では「明軍の力を借りてお城を取り戻し」とある。その後は300年間 朝鮮水軍の兵営として使われていたようだ。

wajo_sosenpo-08_6696では山上の城跡を目指して登っていこう。結構距離があるように思えるが、最初に見えてくる大手門跡までは5分も掛からない。

wajo_sosenpo-09_6697振り返ると、緩やかな斜面に沿って登り石垣がずーっと築かれているのがよく分かる。ちなみにこの街もかなり埋め立てが進んでおり、城が築かれた当時はもっと海岸線は手前だった。旧海岸線は後ほど訪問予定。

wajo_sosenpo-10_6699山道へ。しばらくつづら折れの登り坂が続く。左右に僅かながら石積も見られ、当時もここが大手道だったのだろう。もちろん車道化により随分登りやすくはなっただろう。

wajo_sosenpo-11_6701つづら折れを幾つか過ぎると、広い曲輪へ到達する。その外周には巨大な石垣が築かれている。

wajo_sosenpo-12_6702左奥には石垣に大きな切れ目が入っており、あそこにかつて大手門が建っていたそうだ。

wajo_sosenpo-13_6704アップで見てみる。日本の城郭ではあまり見られない形状の石垣だ。山上の石垣の状態と見比べてもキレイ過ぎるので、この石垣は積み直しされているのだろう。積み直し前はどの程度残っていたのかは分からない。またどうしても逆凸型の石垣に目が行ってしまうが、右側の高い石垣の手前を見ると、二段構えになっていることが分かる。下の段は石垣の隙間がほぼ草に覆われているので、やはり上側だけが大幅に積み直されたのだろう。

wajo_sosenpo-14_6705大手門前に建っている説明板。最近作られたもののようだ。

wajo_sosenpo-15_6707モデル図的に描かれた縄張図 全体。今居るのは中央部の吹き出しがある①。ちなみにこの大手門から内側(山上側)が「内城」、下側が「外城」と分けられていた(番号の数字の色が異なる)。

wajo_sosenpo-15a_6706説明板の日本語説明部分。内容は山麓のタイル説明板と同じだが、日本語訳の精度はコチラのほうが遥かに高い。日本側の研究者の監修が入ったのだろうか。最後の部分は拡張して書かれていて(山麓のタイル説明板では省略されたか)、戦後 朝鮮水軍の兵営として使われたのは外城部分のみだった旨が追記されている。

wajo_sosenpo-16_6711では大手門跡を越えて桝形虎口へ入ってみよう。通常は板壁となっている扉の左右部分が、石垣の壁となっている、あまり日本では見かけないスタイルの石垣。他の倭城跡でもこれは見られず、本当に当時この姿の石垣が築かれていたのだろうか疑問に感じた。これに関する説明等は現場では見つけられなかった。ネットで古い訪問記を探してみると、2001年のこの記事を見る限り(182/183あたり)、この大手門跡の左側の石垣は大きく崩れていて、右側も上部(天端)は崩れている。左側は残っている部分と現状とも全く違うので、ほぼオリジナルで積み直したのだろう。四角い石を斜めに積んだりしていて、そりゃ違和感を感じるはずだ。

wajo_sosenpo-17_6713桝形内部へ。城内の道は左側へ折れ曲がっている。

wajo_sosenpo-18_6715桝形正面に土に埋もれていた石垣の残骸。結構大きな石材が埋め込まれている。いわゆる鏡石的なものか。大手門跡の石垣よりもやや高い位置にあった。

wajo_sosenpo-19_6714桝形内部から、大手門跡の石垣を見返す。もし当時も石垣がこの形だったのなら、低い部分をまたいで櫓門が築かれていたか。

wajo_sosenpo-20_6717桝形虎口全体を見る。奥の石垣の上は大きな曲輪になっているようだ。あの上には土塀が巡らされていたとすると、櫓門はやはり低い石垣の間だけを跨ぐ形か。

wajo_sosenpo-21_6718大手門跡 全景。桝形ではなく食い違い虎口にも見える。

wajo_sosenpo-22_6951大手門跡から上の曲輪へ通じる坂道の前には大きな掲示がされていた。訳してみると、工事のため通行の不便を詫びる内容だった。実際に散策中にもトラックが登ったり降りたりしていた。

wajo_sosenpo-23_6722坂道の外側を見ると、この辺り一帯の外周が石垣で補強されていた。

wajo_sosenpo-24_6726では坂道を登って上を目指そう。左側には排水溝のような構造があるが当時のものだろうか?

wajo_sosenpo-25_6729しばらく登ると高い木々が終わり、日が差してきた。

wajo_sosenpo-26_6731坂道の到達点は石垣で囲まれた虎口となっていた。細い斜面を上ってきて、頂部に巨大な城門があると、なかなかの防御力だっただろう。

wajo_sosenpo-27_6732右側の石垣は二段構えとなっている。そしてここの石垣も積み直しされたのだろうか、草のないキレイな状態で、右側上部の隅部も野面積みどころか隅石も無く、変な感じだ。

wajo_sosenpo-28_6733上にあった説明板。この先の曲輪は虎口を三つ持つ重要な拠点だったようだ。日本語がちょっと変だ。

wajo_sosenpo-29_6946先ほど入ってきた内枡形虎口。

wajo_sosenpo-30_6734内枡形虎口から見る、曲輪全体。細長く広い曲輪だ。

wajo_sosenpo-31_6941曲輪内部から見る、3つの虎口。

>> 西生浦城 [2/4] へ続く。<<

訪問時期:2017年11月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF10-24mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

西生浦城 [1/4] 巨大石垣や登り石垣が残る壮大な倭城跡。” への2件のフィードバック

  1. お察しのとおり、登城して最初の石垣は2000年代に修築されたものです。私は修築前の姿も見ていますが、平面形態は旧状にのっとって復元されています。山上の石垣は、一部を除き現存遺構です。登山路の排水溝は、極々最近の物と思われます。
     また説明板の鳥瞰図は高田徹氏の縄張り図を参考にし、復元イラストは(株)都市景観設計の奥村社長の考察によるものです。

    1. 詳しい情報をありがとうございます。やはりあの排水溝はごく最近のものなのですね。現在行われている修築工事は、オリジナルの姿からかなり変えてしまっているのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中