佐伯城 [2/4] 沖縄のグスクのような絶妙なカービング石垣を持つ本丸跡。

佐伯城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
山麓の三ノ丸櫓門から城下町を軽く見て、独歩碑の道を通って山上の東虎口門へ到達。其ノ二では本丸を経て北の丸方面へ。

訪問時期:2017年1月
佐伯城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

saeki_35_2424東虎口をあがって、本丸下の本丸外曲輪へ。正面の大きな階段がある石垣の上が本丸。目の前にある礎石的な穴の空いた石は、明治廃城後に神社化した際の遺構か。

saeki_36_2426本丸の巨大な階段。階段を見ても分かるとおり、後年の神社化に伴う参道で、お城があった当時はこの階段は無く、こちら側は一面の石垣だった。独歩碑の道が整備され、こちらから上がってくる人が多くなり、その正面の石垣を壊して階段を造ったのだろう。

saeki_37_2428階段の下の石垣もなんとなくそれっぽく見えるが、上に積んであった石をそのまま積み直したので同じ様相をしているだけにすぎない。それよりも絶妙なカーブを描く本丸石垣に注目したい。

saeki_39_2430外曲輪の脇にあった、外曲輪二重櫓の跡。櫓台も他の地面も、すべて石畳。櫓台自体がかなり小さいので、物見櫓的な程度のものだったのだろう。この上から眺望が見られるようなので登ってみよう。

saeki_40_2431外曲輪二重櫓からの眺望。天気激悪だったが、ちょうどこのタイミングでは雨は止んでいたので、かろうじて佐伯湾まで見える。

saeki_41_2435外曲輪の平櫓跡。

saeki_38_2436では階段をあがって、佐伯城 本丸へ。正面の低い石垣が「三層大天守」があった場所とされるが、大天守は構築後わずか数年で焼失しその後再建はされなかったため、どこかのタイミングで天守台は壊されたのかもしれない。また本丸は本来はこちら側からは上がれず、今居る場所は「天守の裏」だった。古絵図を見ると、新設された階段の上あたりには本丸二重櫓があった模様。東虎口から入ってきた人は、目の前の高石垣とその上にそびえる二重櫓、さらにその奥にそびえ立つ三重の大天守に圧倒されたことだろう。

saeki_42_2440天守台の前へ。上には社が建っている。

saeki_43_2443かつては土台に見合う大きさの社があったのだろうが、今は何故か失われ、小さな岩と鳥居が祀られている。寂しい限り。

saeki_44_2441天守台上から、北の丸方面を見る。本丸の北端にも櫓台が見える。古絵図には平櫓が描かれている。

saeki_45_2442天守台上から西方面を見る。はるか向こうに西の丸と、その手前にはかつて廊下橋があった。廊下橋へ降りる石段跡が見える。

saeki_46_2446天守台から降りる。天守台の周りの細い通路をグルっと回ってみよう。

saeki_47_2449北端へ。北の丸 方面を見る。複雑な虎口が石垣で迷路のように組まれているのが見て取れる。

saeki_48_2450本丸 北端 平櫓跡越しに、北の丸を見る。

saeki_49_2453本丸から廊下橋跡・西の丸方面を見る。廊下橋は、一段低い外曲輪を越えて本丸から西の丸へ直接行けるように架けられていた。そして、本丸へは、あの廊下橋経由でないと到達できない構造となっている。

saeki_50_2438では本丸から外曲輪へ再び戻り、北の丸方面へ向かおう。かつて本丸二重櫓があった場所を壊してキレイに加工された石階段が作られている。虎口があったかのようなキレイな石垣の再加工がなされている。図面を見てないと、此処にかつて虎口があったのではとさえ思わせる出来。とはいえ、搦手口の真正面に本丸へ直行する太い階段がある時点でおかしいのだが。

saeki_51_2460階段を降りながら本丸隅部の石垣を見ると、清正公の扇の勾配どころではない、反り返りまくりの石垣に驚かされる。一番上の石は良く落ちなかったな。。。まるで沖縄グスクの石垣。

saeki_52_2457反対側も、確かに角度が逆転するほど反り返りまくっている。佐伯城、すごい!

saeki_53_2459外曲輪 東側 全景。まばらになっている石畳はかつてはビッシリ敷かれていたのだろうか。右奥が二重櫓跡、左奥の石碑(独歩碑)のある場所はかつての番所跡。

saeki_54_2462本丸の隅石垣。まさに沖縄グスク(中城城勝連城今帰仁城座喜味城)のような絶妙なカービング石垣。これはすごい。一説によると佐伯城の石垣普請は播磨の石工が呼ばれたともあったが、播磨にはこのような技術で積まれた石垣が見られず、現地で雇った人夫や石工の中に沖縄グスクの関係者が居たのかもしれない、などと妄想がやまない。

saeki_55_2463本丸石垣の北面に沿って奥へ。右側は石垣で固められた斜面になっており、かつては土塀や柵があったことを思うと、外曲輪の本丸外周部(東虎口門前以外)はかなり細い通路状態になっている。

saeki_56_2464西側を見返す。かつて斜面だったはずの山を石垣で固めて削平地を沢山作りだしていることがよく分かる。これが、400年以上前に、全て人の手で、造り出された。圧倒的迫力。

saeki_57_2466本丸の北東側隅部。こちらはカーブではなく、普通に隅意志が築かれていた。キレイに切りそろえられた石材が使われているが、算木積みにはなっていない。隅部だけ色が違うし、何だか変な感じ。

saeki_58_2470右へ左へと折れ曲がらされる複雑な虎口跡を越えて、北の丸へ入った。本丸方面を見返す。かつてはここに土塀や櫓が並び、ここから本丸は見えなかったはずだ。

saeki_59_2471更には東側斜面へと降りられる石段まであった。この下には雄池・雌池と呼ばれる水の手跡があるという。後ほど行ってみよう。

saeki_60_2473雨が上がり、気温も低くなったためか、湿度の高い空気が冷やされて霧になってしまった。外から見ると天空の城などと幻想的な印象があるが、霧の中にいると目の前が真っ白でよく見えないだけ。まさに五里霧中。

saeki_61_2475本丸方面に霧が出てきたので、北の丸の奥へ移動しよう。キレイに削平された北の丸。外周には土塀が巡らされ、幾つかの平櫓と、一番奥には二重櫓が建っていた。

saeki_63_2478尾根に沿って築かれているので、北の丸も少し尾根沿いに折れ曲がっているが、それでも段差や角度がない、まったくの平場となっている。すごい。

saeki_64_2479かつて平櫓があった場所だろうか、少し石積というか石畳跡のような場所も見られる。

saeki_65_2482北の丸の外周を少し覗き込んでみると、ビッシリと石垣で固められていた。そしてその下の斜面の急なこと。此処を直接登ってきて攻め込むのは不可能。まさに山上の要塞。

saeki_66_2484北の丸の最も奥あたりから本丸方面を見る。奥に本丸高石垣がそびえているはずだが、高木が茂っていて冬でも見えなかった。

saeki_67_2485北の丸の先端部。石畳の上に、二重櫓が建ち、北側の尾根から攻め上がってくる敵に睨みをきかせていた。他の二重櫓よりも大きめの印象。

saeki_68_2489北の丸跡の石碑を発見。真ん中あたりにポツンと建っていた。

saeki_69_2486北の丸の西側ももちろん石垣。腐葉土がかなり溜まっているが、コレもちゃんと取り除けばかなりの高さの石垣が出てくるやもしれない。

saeki_70_2493北の丸から本丸高石垣を見る、の図。

其の三では西の丸方面を目指します。

>> 佐伯城 [3/4] へ続く。<<

訪問時期:2017年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る