角牟礼城 [2/3] かつて巨大な櫓門が建っていた伝 大手門跡 枡形虎口。

角牟礼城(つのむれじょう)訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
大分県中部の織豊系 石垣造りの中世山城、角牟礼城へ。車道で三ノ丸 駐車場へ。出丸的な構造を持つ三ノ丸には、雁木や櫓台の形もしっかり残る外周石垣が見どころ。長大な石垣に沿った城道を通って二ノ丸へ向かう。

訪問時期:2017年1月
角牟礼城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

tsunomure_32_1882道は折れ曲がって、先程見た大石垣の上へ。

tsunomure_33_1884そびえたつ高石垣。この上は井戸曲輪にあたる。のぼりが上がっている。

tsunomure_34_1973角牟礼城のノボリだった。山城跡にノボリはよく似合う。

tsunomure_35_1972最上段の石垣もはるか奥まで長く築かれている。今は奥の方は森になっているが当時は奥まで伐採されていて、長大な石垣が山の斜面を何層にも分けるような形になっていたのだろう。

tsunomure_36_1885ちょうど最初に見た高石垣の折れ曲がりの部分の真上に当たる場所。左側に角石の頂部が見える。

tsunomure_38_1887上がりきったところを振り返る。左側の石垣の上段が井戸曲輪。井戸跡も残るという。少し見に行ってみよう。

tsunomure_39_1888櫓跡。と書かれているが、ちょうど坂道をあがりきったところなので虎口の門跡か。

tsunomure_40_1889井戸曲輪へ。内部も細かく区画されていたようで石積跡が散在する。

tsunomure_41_1890奥の岩盤むき出しの壁の麓に、井戸跡が残る。岩をくり抜いて造った井戸は今も水をたたえていた。

tsunomure_42_1891井戸曲輪は一段低く外側から見えないような構造になっていた。外側の高石垣の内側も、石垣の城壁になっている。

tsunomure_43_1892石垣の城壁の上に登ってみよう。ここも眺望が良さそうだ。

tsunomure_44_1893井戸曲輪 石垣の上からの眺望。

tsunomure_46_1898では井戸曲輪の先を上へ。開けた上は、二ノ丸だ。二ノ丸の外周にも石垣が築かれている。

tsunomure_47_1899道の右側を見ると段曲輪が形成されており、土に埋もれているが、石垣の隅部などもわずかに見える。今は整備のために伐採した木材置き場となっていた。

tsunomure_48_1971訪問時は石垣修復工事が行われており、採番された石材がずらりと並べられていた。いつも見かけるこの風景、本当に緻密で常に慎重な動作が求められる、大変な作業だと思う。おつかれさまです。

tsunomure_49_1901 2二ノ丸外周の石垣。一部 破城したようなV字に崩れた跡が残る。

tsunomure_50_1900 2二ノ丸の入口へ向かう。

tsunomure_51_1906左に折れ曲がって、二ノ丸へ。石垣に囲まれた高台の上、という印象。礎石らしい石もちらほら。

tsunomure_52_1907伝 二ノ丸跡。今は木々が生えていて見えないが、伐採すれば180度 山麓を見渡すことが出来る位置づけだ。

tsunomure_53_1908二ノ丸にあった、礎石建物跡 の看板。枯葉が積もって入るが、かつて建物の柱を支えていたであろう礎石の顔が見える。

tsunomure_54_1911二ノ丸の入口は大手門と本丸への通路とに囲まれた場所にあり、その入口にはかつて櫓門が建っていたようだ。櫓門跡の説明板。しかし櫓門を構成していたであろう櫓台跡はイマイチよく分からない状況となっている。

tsunomure_55_1969そして、二ノ丸入口の奥にある、かつての角牟礼城の正面玄関、大手門跡へ。ここは発掘調査から、大手門跡らしい姿を取り戻している。

tsunomure_56_1912大手門跡 説明板。大手門跡、と書かれているが、城全体の縄張りから大手門とするには疑問があると思われる、と書いている。確かにこの位置に大手門を置いていると、入ってすぐに本丸に向かう事が出来てしまい、奥の二ノ丸や更に奥の三ノ丸は不要になってしまう。搦手門か、二ノ丸門といったところだろうか。ただ説明上では「伝 大手門」と記載する。

tsunomure_57_1913伝 大手門の二の門(櫓門)跡。かつて巨大な櫓門を支えていたであろう礎石が等間隔で並ぶ。これは桝形内部から礎石越しに本丸方面への城内路を見る、の図。

tsunomure_58_1914伝大手門跡 櫓門跡 全景。正面の石垣と、左側の土塁あたりを繋ぐような形で、巨大な櫓門が築かれていた、と思われる。

其の三では、伝大手門跡の外桝形を見てから、本丸へ向かいます。

>> 角牟礼城 [3/3] へ続く。<<

訪問時期:2017年1月
撮影機器:FUJIFILM X-T10 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中