七尾城 [2/5] 絶景の本丸跡から温井屋敷の九尺岩へ。

七尾城 訪問記 其の二。

[前回までの訪問記 概要]
山上の駐車場まで車で登城。七尾城で一番有名な「調度丸の高石垣」から遊佐屋敷を越えて、本丸へ上がってきた。

訪問時期:2016年10月
七尾城 訪問記 −


<訪問記>

nanaojo_32-7422本丸へ。かつては懸造りの巨大屋敷が建っていたという。

nanaojo_33-7408七尾城址碑。かなり大きい。

nanaojo_34-7414と思いきや、横から見るととても薄っぺらい石碑だった。

nanaojo_35-7416本丸奥の高台(櫓台か)は、現在は城山神社が鎮座している。

nanaojo_36-7413城山神社へ。

nanaojo_37-7417かつての石垣の石だろうか、小さな参道がこしらえてあった。旅の安全を祈願。

nanaojo_38-7418櫓台の周囲には今も土塁が囲っていた。

nanaojo_39-7419一番奥は更に高く盛り上げられている。当時はどういう構造だったのだろうか。

nanaojo_41-7425本丸外周の土塁上から、本丸を見下ろす。本丸前の段々石垣に半ばせり出す形で大屋敷が建っていたと言う。

nanaojo_42-7426土塁の上を移動しながら、本丸の姿を眺める。

nanaojo_43-7429本丸奥から、本丸全景。かなりの広さがある。

nanaojo_43a-7420本丸奥は土塁が築かれており(当時は石垣だったようだ)、奥には遊佐屋敷方面へ降りる道へと通じる虎口が設けられている。

nanaojo_44-7430本丸奥の虎口跡。石積みを持つ土塁がある。裏口(搦手口)に当たるため通路は狭い。

nanaojo_45-7431本丸搦手口を出たところには小さな曲輪。そこから本丸方面を見る。向かって左側の土塁はかなり高い。

nanaojo_46-7432こちらの土塁には、裏側がビッシリ石垣となっていた。小さ目の石材が所狭しと積み上げられた、城内でもかなり古い世代の石垣だ。

nanaojo_47-7437本丸搦手口奥の小曲輪。

nanaojo_48-7441小曲輪から当時は石垣で囲まれていたであろう細い通路を通って、一段下の遊佐屋敷の裏側へと降りる事ができる。

nanaojo_49-7445遊佐屋敷の裏側へ降りてきた。目の前の低い石垣が、最初に見た遊佐屋敷の外周部の石垣。右奥の大切岸の上が本丸だ。一段下とはいえ、かなりの高低差が築かれている。

nanaojo_50-7447遊佐屋敷 石垣。かつての入口跡だろうか、あるいは壊されたのだろうか、石垣の切れ目がある。

nanaojo_51-7449遊佐屋敷側から本丸搦手口へと通じる方面を見る。左前の斜面の裏側にある登山道から上へ向かう。

nanaojo_52-7448遊佐屋敷の正面は桜馬場と呼ばれる広い曲輪にあたる。外周部はそこそこの高さ・幅を持つ土塁が巻いており、その先には高台になっている西の丸がある。

nanaojo_53-7459桜馬場の土塁の裏側を見てみると、かつては石垣がぐるっと取り巻いていたのだろう、今でも一部ではあるが石垣跡を見ることが出来る。

nanaojo_54-7452桜馬場 土塁裏側の外周石垣。大半は崩れて斜面下に落ちてしまったのだろう。自然石のまま積み上げている。

nanaojo_55-7462桜馬場から遊佐屋敷方面を見る。

nanaojo_56-7464桜馬場から奥の温井屋敷方面へ。土塁が交互に築かれ、まっすぐには進めないようにされている。今は土塁の端も丸くなってしまっているが、当時はしっかりとした城壁だったのだろう。

nanaojo_57-7467左右を高い土塁に囲まれた城内路。

nanaojo_58-7487温井屋敷から城の裏側へと通じる場所には、土塁と食い違い虎口が設けられ、そこには「九尺石」と呼ばれる巨石を積み上げた城壁が残るという。

nanaojo_59-7468九尺石 説明板。城の鎮護のかなめ石。一尺は約30cm、九尺だと約2.7m。

nanaojo_60-7469虎口へ降りてみよう。この虎口の先は道が崩落していて進むことは出来ないが、九尺石あたりまでは降りられる。

nanaojo_61-7471調度丸や本丸などで見た石垣とは比べ物にならない巨石を積み上げた石積み。しかし石垣とはいえない、積み上げただけの乱雑なものだった。しかしこちら側から上がってきた訪問者を驚かせるだけの効果は十分あるだろう巨石っぷり。

nanaojo_62-7478九尺石。割ったと思われる角を持つ石や、丸いままの石など、巨石が大量にL字型に積み上げられ、虎口を形成している。左側は急斜面。

nanaojo_63-7479この石が最も大きい。これが九尺石か。近代城郭で言う、いわゆる鏡石にあたるものだろう。

>> 七尾城 [3/5] へ続く。<<

訪問時期:2016年10月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中