真田丸カンタンあらすじ [第31回] 終焉

真田丸 カンタンあらすじNHK大河ドラマ「真田丸」(2016年) 各回ごとの カンタンあらすじ を連載しています。
全回分をまとめたページはコチラ

次回(第32回)今回(第31回)前回(第30回)


第31回「終焉」- 2016.8.7 放送

太閤秀吉の死がすぐそこまで迫っていた。三成は、秀吉死後の体制として五奉行と五老衆 (おとなしゅう) の合議制とする遺言書を準備。家康はそれを反故にすべく意識もうろうの秀吉に無理やり新たな遺言書を書かせる。三成激怒、眠る秀吉を無理やり起こして更に修正させる。一方 茶々は幼い秀頼とともに秀吉の元へ。茶々は死が目前の秀吉を見て怯えるが、幼い秀頼は堂々と秀吉に話しかけた。

秀吉は悪夢を見た。血まみれの秀頼(?)の亡霊。驚いて目を覚ました秀吉は三成へ家康を殺せと命令。三成は昌幸へ、昌幸は出浦へ。出浦は佐助に後を託し、単身 徳川屋敷へ潜入。しかしすんでのところで見つかり、本多平八郎と互角の死闘を繰り広げるも、たまたま徳川屋敷を訪れていた信幸と遭遇、驚いた隙に平八郎に斬られてしまう。敵に囲まれる出浦。刀をしまい、爆発とともに姿を消した。佐助は瀕死の出浦を昌幸の元へ連れ帰る。「まさすけー!」「わしと・・・したことが・・・」

そして、いよいよ秀吉に最後の時が訪れる。栄華を極めた男の人生の締めくくりとしてはそれはいかにも寂しいものであった。太閤豊臣秀吉、享年62。

<今週の名台詞>
・三成「家康め、断じて許さぬ!」
・秀吉「ねむい・・・」 三成「ねむくない!」
・家康「どれほど華やかな暮らしをしていても死ぬときは一人。諸行無常じゃのう」

<真田丸紀行>
・新日吉神社 (京都) – いまひえ神社。境内の樹下社に秀吉を慕う庶民が参拝したと伝わる。

◇◇◇

次回:第32回「応酬」

真田丸 カンタンあらすじ まとめページ
過去回 →  30、29、28、27、26、25、24、23、22、21、201918、17、16、15、14、13121110987654321


ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中