真田丸 カンタンあらすじ [第13回] 決戦

真田丸 カンタンあらすじ
← 次回(第14回) ・今回(第13回)前回(第12回)

NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年) 各回ごとの カンタンあらすじ を連載しています。
全回分をまとめたページはコチラ


第13回「決戦」- 2016.4.3 放送

天正13年8月。徳川勢7000は神川を挟んで陣を敷いた。総大将は鳥居元忠。

上田城。昌幸は徳川の大軍を巨大な餅に例え、細く長く伸ばせば僅かな兵でも大軍を切り崩せる、と実際に餅を千切りながら家臣に説明。しかしどうしても布陣に駒が一つ足りない。そこへ越後から源次郎が帰着、昌幸「勝った!」。源次郎、源三郎、出浦、作兵衛をも巻き込んだ綿密な策が完成した。

お梅は家紋に倣って六枚の銭を紐で結んだ「六文銭お守り」を源次郎のために手作り。源次郎「悔いの無いよう心置きなく戦えということ」。

夜が明けた。昌幸「はじめるか…」佐助が源次郎へ伝令、作戦が始まる。狙い通り、徳川勢は源次郎の煽りで大手門まで誘いこまれ、昌幸本体の一斉攻撃で総崩れ、撤退中にも源三郎らの追撃を受け壊滅。徳川勢の死者は1300、一方 真田勢の死者は50人に満たなかったという。

大勝利に喜ぶ源次郎たち。しかし作兵衛らの隠れ場所だった山寺が襲われていた事を知り、源次郎は寺へ急行する。寺は壊滅。作兵衛は何とか生き残っていたが、裏庭でお梅が倒れていた。泣き崩れる源次郎と作兵衛。きりはすえを抱きかかえ「お梅ちゃん…私が育てます…この子は私が…」と涙ながらお梅に約束するのだった。

<今週の名台詞>
・ばば様「負け戦の時は戦う前から負け戦の匂いがする。今は香の匂いしかしない」
・昌幸「(徳川とは) 長い戦いになるかもしれんな」

<真田丸紀行>
・月窓寺 (長野県上田市) – 第一次上田合戦で焼失、信繁が後に再建した寺。

◇◇◇

次回:第14回「大坂」。

真田丸 カンタンあらすじ まとめページ
過去回 →  121110987654321


ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中