中城城 [3/4] 三の郭から、二の郭東面の凹型大石垣を見る。

中城城 訪問記 其の三(全四回)。

[概要]
中城城(なかぐすくじょう)を訪問。西側の正門から入城、遥拝所が多く残る南の郭、正殿があった一の郭、忠魂碑が建つ二の郭へ。Part3では三の郭 以降を散策します。

Links: 中城城 訪問記 


<訪問記>

二の郭の外周石垣の上からスタート。

naka-gsk-4350二の郭 東側の石垣の上。落下防止の石塁がきちんとあるため、ここの石垣の上は登って一周することが出来る。一部細くてコワイところもあるが、素晴らしい眺望が見られるので、ぜひ登っておきたいところ。

naka-gsk-4353石垣の上から、二の郭 全景。向こうに見えるのは太平洋。

naka-gsk-4354下りはこの石坂道から。足元注意と書いてあり、確かに、すごく滑りやすく、特に下りは注意が必要な道だった。

naka-gsk-4360二の郭から北側へ出る。一の郭の高い石垣を見上げる。

naka-gsk-4362一の郭 北側外周石垣。この場所のもう一段下が西の郭に当たる。

naka-gsk-4365一の郭 北側外周石垣 全景。

naka-gsk-4366このあたりはやや複雑な構造になっている。元は石段があったのだろうか、今は木で造られた階段を通って北側下の段へ降りる。西の郭と北の郭へ通じる場所へ。

naka-gsk-4367二の郭 外周石垣を見る。

naka-gsk-4369途中から当時のものと思われる石段にスイッチ。石段横の石垣はかなり古そうな印象だ。

naka-gsk-4370石段を通って結構下まで降りてきた。地図を見ると、西の郭の一番東の端あたりに位置しているようだ。

naka-gsk-4371西側へ向かうと、西の郭の看板があり、西の郭本体へ通じる道があったが、訪問時は発掘調査中のためか立入禁止だった。西の郭は兵馬の訓練場だったと伝わり、120mの長さがあるという。

naka-gsk-4373東へ向かうと、こちらは北の郭へ。護佐丸が井戸を取り込んで拡張したとされる郭だ。北の郭は立体的な構造になっており、このまま右奥(東)へ向かうと裏門を抜けて広場へ。下へ降りると井戸がある。井戸を見に行ってみよう。なお先ほど入れなかった西の郭にも夫婦井戸 (ミートゥガー) と名付けられた2つの井戸があり、中城城は城内に3つの井戸を持つ万全の体制の城だった。

naka-gsk-4376北の郭の一段下へ。こちらはあまり削平がされておらず、道も凸凹したままだが、この外側を堅固な石垣が囲んで守っている。そして森の奥へ通じる石段の先に大井戸がある。

naka-gsk-4377北の郭。上の段、中の段、最下段の大井戸と、北の郭は三段構成になっている。ここは中の段。

naka-gsk-4379中の段から、大井戸のある最下段へ降りる。ここだけ急激に森っぽくなっている。

naka-gsk-4380a-4385石段を降りて行くと、石垣で複雑に構成された場所の奥に井戸が見える。説明板もあるようだ。

naka-gsk-4381a-4383大井戸(ウフガー)説明板。番所井戸とも呼ばれ、当初は城の外側にあった水場を、護佐丸 時代に城内に取り込むべく城を拡張し、井戸を作った。ただ発掘調査ではこの井戸は16世紀のものと判明しており(護佐丸は15世紀中旬)、番所井戸という名前から、一の郭に番所が置かれていた時代のものだと考えられているそうだ。井戸からは排水溝の跡も見つかっている。

naka-gsk-4382こちらが大井戸。奥を覗いてみよう。

naka-gsk-4384大井戸。

naka-gsk-4387では北の郭 中段へ戻って、東を目指そう。

naka-gsk-4389北の郭 北側の石垣を見ていると、銃眼のような穴が開けられていた。

naka-gsk-4390見上げると、二の郭の超高い石垣がそびえていた。先程はあの上へ居た。今度はその下側、三の郭へ行ってみよう。

naka-gsk-4391北の郭から三の郭への立派な石段。まるでヨーロッパの教会跡のようだ。インディージョーンズに出てきそう。

naka-gsk-4395三の郭の石垣は、補修が済んでいないからか、残念ながら登ることは出来なかった。

naka-gsk-4393三の郭の入口あたりから見上げる、二の郭の高石垣。これは高い。切り石を積み上げた切込ハギだが、下の方と上の方とで積み方が異なることも分かる。上の方は横の目地が揃った布積み、下の方はパズルのように組み合わせた積み方をしている。

naka-gsk-4394三の郭から見る、二の郭 高石垣全景。凹の形をしていて、隅部がキュッと上がっている、琉球王朝らしい石垣。

naka-gsk-4395a-4409和式城郭の石垣でも見られる、複雑に計算されて組み合わされた石垣。

naka-gsk-4398三の郭から見る、二の郭の高石垣。

naka-gsk-4412二の郭の高石垣を隅部から見上げる。写真で見るよりも、現地で見ると、もっと「そびえる感」がスゴイ。

naka-gsk-4401三の郭 全景。ここが最も東の郭となる。別名 新城(みーぐすく)。

naka-gsk-4413では再度 北の郭 上の段へ降りて、石畳の通路を東へ。広場へ向かおう。

naka-gsk-4417振り返ると二の郭の高石垣がそびえているのが分かる。

naka-gsk-4417a-4416そして城外とをつなぐ東側の出口、裏門。奥は「広場」。上部のアーチが美しい。

naka-gsk-4418裏門のアーチ内部の石垣には、かつて扉の具材が収めてあったのだろうか、穴が開けられていた。護佐丸当時はどういう扉を持つ城門だったのだろうか。

naka-gsk-4419裏門から外へ出る。右側は琉球石灰岩の岩盤がむき出しになっている。

naka-gsk-4421裏門の外側。上部と再度の石壁も壊れているが、当時は上にも左右にも高い石垣を持つ勇壮な城門だったのだろう。

naka-gsk-4424裏門 少し遠景から。左側の高石垣は三の郭。

>> 中城城 [4/4] へ続く。<<

訪問時期:2015年12月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm / 8mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中