知覧城 [2/3] 知覧城の中央を東西に貫く巨大堀切へ。

知覧城 訪問記 − 其ノ二(全三回)。
Link: 知覧城

[概要]
知覧城へ。本丸と蔵之城の間にある大堀切から入城、シラス台地を侵食して出来た自然の断崖に驚かされながら、本丸の土塁跡を見学。Part2では蔵之城を見に行きます。


<訪問記>

chiran-4166本丸から正面の蔵之城を見る。登りやすい階段が設置されている。

chiran-4167蔵之城 入口。階段横のパンフレット入れには1枚モノの「国指定知覧城跡」というパンフレットが入っていた。後ほど掲載。

chiran-4169階段を上がって鞍之城へ。こちらも道が折り曲げられていて中が容易に見えない仕組み。

chiran-4171ぐるっと回りこんで、土塁に囲まれた虎口へ。

chiran-4172虎口から中を覗き込む。当時はここだけでなく、この右側にも虎口があったという。

chiran-4178蔵之城跡へ。掘立柱建物跡が平面復元されている。右側に巨大なタイルの説明板がある。

chiran-4179蔵之城跡 説明パネル。2001年から2004年にかけてここを発掘調査した結果、15−16世紀のアジア製の磁器類などが多く出土したという。向かって右側(北)は作業場や炊事場、向かって左側(南)は武士たちの居住の場だったようだ。また、南側にぐるっと周囲をかこむ大きめの土塁が見つかったという。見に行ってみよう。

chiran-4180a-4177蔵之城 南面に残る土塁跡。高さは経年劣化で低くなってしまっているが、幅が広いことから、結構な高さが有ったことと考えられる。

chiran-4182s蔵之城 上から本丸との間の曲輪を見下ろす。正面左奥が本丸。上がってきた敵兵はここで狙い撃ち。

chiran-4183a-4131では再び間の曲輪へ降りて、ここから更に下の堀切へ降りてみよう。幾つか降りる道があったが、虎口っぽい細い道があったので、そこから降りてみる。ここが虎口の入口。

chiran-4183b-4132虎口を上から見下ろす。草ぼうぼうではあるが、カギ状に折れ曲げられた道があることが、分かる。

chiran-4185では虎口内部へ降りてみよう。どこから降りるのか分かりづらかったが、ウロウロしていると木の階段を発見。当時もハシゴか何か掛けてあったのだろうか。

chiran-4186階段を降りて虎口内へ。草ぼうぼうだが、よく見ると細い道ではなく、枡形状に四角い空間になっていることが、なんとなく分かる。

chiran-4188枡形虎口の内部から、階段方面を見る。上が、本丸・蔵之城 間の曲輪。上から狙い撃ちされまくり。

chiran-4190枡形虎口から堀切方面は、ここもまた両方を土塁に囲まれた細い入口となっている。なかなかに堅固。

chiran-4192細い出口を出ると「桝形」と書かれた看板が建っていた。

chiran-4193枡形虎口から大堀切へ出てきた。左右に通るのが大堀切。正面の巨大切岸の上は「弓場城」だ。

chiran-4195正面の曲輪群へ上がる前に、少し大堀切を探索してみよう。

chiran-4198大堀切の底を奥へ。背の高い杉の木がビョンビョン生えている。結構晴れてるのだが、中は薄暗い。

chiran-4200左右の切岸の高さに驚かされる。まさに直角に上がっている切岸!パンフ掲載の縄張図に「竪堀」と書いてあるあたりで見上げると、弓場城から下に向かって掘られている感じの凹みが見えた。しかし斜面の凹みはシダだらけで分からず。

chiran-4201下を見ると「空堀」と書かれた看板が、倒れていた。竪堀じゃなくて空堀なのは、今居る場所全体が空堀という意味かな。

chiran-4203縄張図的には一番奥まで行くと外に出られそうな感じで描かれていたが、草ぼうぼうで全く外に出られそうな感じではなかったので、そのまま引き返す。中の方はちゃんと草刈りの整備がされて、この通り。

chiran-4204今城、弓場城の入口までやってきた。本丸へ上がる虎口のやや東側あたり。看板があちこちに建てられているのが助かる。

chiran-4205緩やかな斜面を上がっていく。

chiran-4207虎口っぽいけど、そうではなく、高く生えた木々を、人が通れる幅だけ伐採した後。ありがたい。というか、整備されてなければとても通れない。

chiran-4209ここで分かれ道。右側が「弓場城」左側が「今城」。まずは右奥に見えている「弓場城」へ。

>> 知覧城 [3/3] へ続く。<<

訪問時期:2015年9月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ(^-^)

投票するのも、順位を見るのも、上↑のアイコンを押してね!
ページの一番上に戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中