周山城 [3/4] 西の小姓丸(V郭)に残る高石垣が城内最大の見どころ!

周山城前回までの周山城 訪問記。

急斜面な登山道を延々と上がって周山城跡へ。主郭の破壊っぷりは凄まじいが(これが敗者の城)主郭周囲の石垣の現存具合は素晴らしい。更に石垣が残るという西の小姓丸へ。


<訪問記>

shuzan_map周山城の縄張図 再掲。(吉川弘文館「近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編」p.184より引用・加筆)

Part2では主郭外周の石垣を見て回り、主郭西(左)の「虎口跡」付近から城内へ戻るところ。更に西の「小姓丸(V郭)」方面へと向かいます。

shuzan-0651主郭外周の石垣の切れ目。少し奥に石垣が積まれているので、崩れているのではなく、往時から南の虎口っぽい。

shuzan-0654再び城内へ。主郭方面を見るとこちらにも主郭へ続く長い石段があったのだろうかと思わせる遺構が見える。気になるが、ここを登ると主郭に戻ってしまうので、先に西側を全て見てから、最後にここに戻ってきて見ることにしよう。

shuzan-0664主郭西の郭群。3段ほど細長い曲輪が続いていて、その境目にも低い石垣が積まれていた。主郭は破壊っぷりが凄まじいが、こちらの方はそうでもない様子。ここは縄張図で言う IV郭と V郭の間。

shuzan-0666V郭の様子。何もない、が、実は右側の周囲には石垣が積まれている。上からでは見えないので、下に降りてから見に戻ることにしよう。

shuzan-0669V郭から一番西のVI郭を見下ろす。ここはそこそこの高低差がある。

shuzan-0671VI郭へ。V郭との境目には5−6段の石垣が築かれていた。

shuzan-0672VI郭の様子。右のほうには土塁の周囲に石垣が積まれていた跡が(埋もれているが)見られる!更に右側は低くなっているので、そちらに降りてみよう。

shuzan-0673V郭の周囲に積まれた石垣! なんと10段以上の「高石垣」が健在。隅石もバッチリ。これはすごい!

shuzan-0674V郭北側の石垣を隅石からクローズドショット。この迫力!

shuzan-0675a-0791更に近づいて見上げるように。やはり石垣はそびえるように見上げた姿が素晴らしい。

shuzan-0675b-0793V郭石垣。下の方と上の方とで石垣の雰囲気が異なるのは、上の方はV郭、下の方はVI郭の石垣だからか。積んだ時期が異なるのか、担当した石工が異なるのか。

shuzan-0679更にVI郭の土塁方面から。土塁が伸びてそのままV郭の石垣に接続している。この土塁の上にはかつて土塀が築かれていたのだろう。

shuzan-0687更にVI郭の北側に降りて、VI郭の土塁上の石垣越しにV郭石垣を見る。周山城 最大の見どころポイント。絶景かな!

shuzan-0702少し斜面を降りてV郭石垣とVI郭土塁。

shuzan-0702a-0694もう少し離れて。どの表情も素晴らしい。ちなみにこのあたり(VI郭北側斜面)にはトゲトゲの木が多く生えていたので撮影に夢中になって引っかかれないように注意が必要。

shuzan-0703V郭石垣とVI郭石垣。V郭の石垣はかなり奥のほうまで伸びている。

shuzan-0708VI郭の土塁はVI郭の西端まで伸びていて、ずっと石垣が残っていた。これはその西端の様子。

shuzan-0709VI郭から更に西奥へ向かうルート状にも石垣の断片が残っていた。冬場でこれだけの枯れ草があるということは、夏場は草ぼうぼうなのだろう。

shuzan-0712VI郭の西端はまた段差が築かれていて、往時はちゃんとここも石垣で固定されていたようだ。

shuzan-0715VI郭 西端。

shuzan-0716sVI郭の西側は尾根道になっていた。木でバツ印が作られているが(偶然倒れてこうなったのではなく、テープで固定してある)、この奥には「西の城」があるので、なぜバツなのかは不明。京都トレイルコースもこの先へ続いている。

shuzan-0718尾根道を西へ進むと植林地帯が終わって鉄塔前に出る。その鉄塔前に、結構深い堀切が残る。

shuzan-0720主郭西・鉄塔前の堀切。土橋などはなく、そのまま堀底へ降りてあがらないといけない。左側が比較的削られていて登りやすくはなっている。

shuzan-0722主郭西の堀切を堀底から。V字具合を確認。

shuzan-0726主郭西の堀切。堀底に京都トレイルコースの標柱が建っていた。

shuzan-0729 鉄塔側の尾根道の上から堀切を見下ろす。尾根道をまさに分断しているのが、よく分かる。

shuzan-0730多少離れても、この存在感。ステキな堀切。

shuzan-0732周山城主要部と西の城部を分ける位置に立つ鉄塔。山城訪問時に鉄塔を見るとつい下から覗いてしまう。

shuzan-0736鉄塔の下を通って更に西へ向かう。しばらく尾根道が続く。

Part4では周山城「西の城」へ。

>> 周山城 [4/4] へ続く。<<

訪問時期:2015年2月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm
– – – – – – – –
ブログ人気投票参加中. いつも応援アリガトウ(^-^)

投票するのもランキングを見るのも、上↑のバナーをclick! :)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中