鎌刃城 [3/4] 主郭・北郭に残る石垣造りの立派な虎口跡を見よう。

鎌刃城前回までの鎌刃城 訪問記。

中山道から滝谷林道を通って登山開始。青龍滝、切通し、副郭から急角度の坂道を頑張って降りて、西郭の畝状竪堀群を見る。主郭へ。

Part3では主郭虎口〜北郭へ向かいます。


<訪問記>

主郭よりスタート。まずは縄張図再掲。

kamaha_map-1877現在は主郭、虎口跡前。まずは鎌刃城跡 最大の見どころである「主郭虎口跡」を見て、北(左)の北郭を目指す。

kamaha-2035鎌刃城跡 最大の見所である「主郭虎口」へ。上(主郭内)から見るとこんな感じ。石垣が組まれた入口という感じだ。石段を降りてみる。

kamaha-2036虎口内の石段を降りる。主郭周囲の石垣が目に入る。主郭の周囲は総石垣でぐるっと囲まれており、この虎口が北側に大きく開けられている。

kamaha-2037虎口向かって左側もしっかり石垣の壁。これはいわゆる織豊期(信長・秀吉)の軍勢以前に築かれた城ということを一瞬忘れてしまう石垣規模。

kamaha-2039鎌刃城 主郭虎口を正面から。この迫力!中央の踊り場部分、ちょうど本丸石垣の手前あたりには巨大な門が建っていたのだろうと想像できる造りだ。

kamaha-2041その踊り場へ行ってみると、巨大な門が建っていた証の「門柱礎石」が残っていた。かなり太い木柱が建っていたと思われる。

kamaha-2044虎口から下は道が曲げられており、下の北郭からはぐるっと回り込む形で登ることになる。まさに「虎口」。

kamaha-2046主郭周囲の石垣にも注目。崩れているのか埋まっているのか、5−6段ほどしか露出していないが、本来はもう少し高い石垣だったことだろう。崩れながらも今も主郭周囲をグルリと取り囲んでいる。なおこれらの石垣は平成の発掘調査で出土したもので、それまでは主郭は土塁ベースだと思われていたとか。

kamaha-2052主郭より北側に降りて、見返す。かなり崩壊が進んでいるが、ここから主郭へ行くには、まず左端まで行き、坂道を登って本丸主郭に沿って中央へ戻ってきて、虎口内の城門を通る、というルートだった。目に浮かぶ!

kamaha-2055崩壊した石垣。主郭虎口〜その下の大手石段?を構成する石か。

kamaha-2057主郭虎口前あたりから見下ろす、北郭。こちらも尾根に沿ってずっと奥まで削平地が続いている。

kamaha-2061どんどん進むと、何やら建造物が見えてきた。あのあたりが北虎口の先端部。遺構はあちらに集中している模様。

kamaha-2062建造物の前に、「鎌刃城跡 堀切 石垣 ↓」という看板を足元に発見。ついでに見ていこう。

kamaha-2063斜面を少し降りてみると、鎌刃城跡(角石垣)↓」と書いてある。矢印がすぐ下を指しているようだが…?

kamaha-2064と思って看板の麓を見てみると、石垣というか石列が上に並んでいた。えっ、これ?? 周りを見渡しても特に何もない。恐らく、これ。

kamaha-2065では尾根道に戻って、先ほど見えた建造物へ。丸太組で造られた展望台のようだ。

kamaha-2070 鎌刃城 物見櫓、と書いてある。ギシギシ揺れて結構怖いが、登って眺望を見てみよう。戦国当時の物見櫓も、実はこんなだった?のかも。

kamaha-2071a-2066鎌刃城 北郭 物見櫓の上から見る眺望。方角は西、米原駅〜彦根駅の間あたり。右の方の山の向こうに見える白い塔は、かの有名な「フジテック エレベータ研究塔」。

kamaha-2072物見櫓。ちなみに奥の山の上に削平地っぽい場所が見えるが、どうも城跡では無い模様。。。

kamaha-2073物見櫓あたりから見た北郭の様子。一番奥にも物見櫓的なものが築かれているようだ。

kamaha-2074a-2076鎌刃城名物? 熊よけベルと、案内図ボックス。案内図はありがたく頂いて、もう1いつ、中にあるラミネートされた資料を見てみよう。

kamaha-2075案内図ボックス内にあった、在りし日の鎌刃城 想像図。尾根上に続く石垣と、その上に築かれた櫓や屋敷の数々。

kamaha-2077北郭にも虎口が発見されている。案内板を見てみよう。

kamaha-2078北郭「枡形虎口」説明板。城の大手門に相当するもので、枡形内には相当立派な四脚門が建っていたとか。

kamaha-2079北郭 虎口。半分土に埋まっているが、三段の大きな石段が広がっているのが見える。本丸虎口よりも立派に見える。

kamaha-2080a-2102北郭 虎口 サイドから。この中に四脚門が建っていた。

kamaha-2081北郭 虎口 外側から。

kamaha-2083北郭 虎口 少し下に降りて見上げてみる。

kamaha-2086更に引いて北郭虎口を見てみる。斜めに伸びている石列に沿って大手道が伸びていた??

kamaha-2088虎口跡の横の広いところには「曲輪」と書かれた説明板が建っていた。

kamaha-2089a-2087北郭「曲輪」説明板。発掘調査で礎石群が出土し、北郭の周囲に盛られていた土塁を壁面とした半地下構造の櫓が建っていたことが判明したとか。

kamaha-2091s北郭 北端には「大櫓跡」とされる場所もあった。

kamaha-2092そして最北端には横長の展望台が組まれ、その先の樹木が伐採されていた。登って眺望を見てみよう。

kamaha-2096北郭 最北端の展望台から見た、鎌刃城北側の眺望。名神高速道路が見えると思ったが、山裾だからか見えなかった。

kamaha-2097北郭 展望台から見下ろした更に北側の様子。細長い曲輪の向こう側に大堀切があるのだが、段差になっていて見えない。後ほど訪問してみよう。

>> 鎌刃城 [4/4] へ続く。<<

訪問時期:2015年3月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm / FISHEYE 8mm
– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

鎌刃城 [3/4] 主郭・北郭に残る石垣造りの立派な虎口跡を見よう。” への2件のフィードバック

  1. いつもホームページを参考にさせていただいてます。
    さっそく今日、鎌刃城行きました。
    しかし北郭を見ただけで肝心の主廓を見忘れていたことをホームページを見て気付きました。
    単独行のため鈴は持って行ったものの、何か所もあった熊よけの鐘でビビりがあったからかもしれません。
    再度挑戦したいと思っています。

    1. homareさん、コメントありがとうございます。m(. .)m
      北郭は確かに櫓がたっていたり大堀切があったりと、見どころ満載なので、ここが鎌刃城か!と思ってしまうのも無理は無いですね。また鎌刃城に行く機会を与えられたと解釈いただいて、ぜひまたチャレンジしてみてくださいませ!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中