大坂城(大阪城) 真田丸を歩く [4/4] 信繁公最期の地 安居神社

真田丸前回までの「真田丸を歩く」。

大阪高低差学会さんのフィールドワークに参加して、真田丸および南惣構堀の比定地を歩く。玉造稲荷神社から長堀通を抜けて清水谷公園、そして真田丸比定地の明星中学校、心眼寺へ。抜穴伝説の残る三光神社、宰相山公園へ。

Part4では夏の陣で遂に真田信繁(幸村)が力尽きたとされる安居神社へ。


<訪問記>

sanadamaru-3755b-01真田山プールの南側には「真田山公園」。最初はここが真田丸跡?と思っていたが、全然違った。中は遊具なんかがある普通の児童公園。

sanadamaru-3755c-02なんとも思わせぶりな石がゴロゴロ。

sanadamaru-3756a-3758s真田山公園より更に南へ。このあたりには古絵図によく出てくる上町台地上の池「味原池」があった場所で、現在は完全に水が無くなり住宅街になっているが、それでも池の名残と思われる段差が幾つか残っていた。近くの「弥栄神社」には味原町碑が建つ。この付近(南側)は、かつて、完全に池だった。今では考えられない風景だ。ちなみに、大坂城の東側を守っていた「猫間川」という川(JR環状線の東側を流れていた、今でも旧流路には石橋の一部が残っている)も今や完全に埋め立てられ存在しない。

sanadamaru-3756b弥栄神社の境内に建つ「味原町碑」。大正八年に神社の悠久の社資とするため水を抜き宅地として村人に売却したそうだ(味原池は弥栄神社の宮司が所有していた)。

sanadamaru-3760更に南へ。ここも歴史のある「産湯稲荷神社」。変わった名前だが、本殿の下段に玉井があり、かつて此の地を拓いた大小橋命がその水を産湯としたことに由来する。

sanadamaru-3761かつてこの辺りは桃の木が多くあった「桃山(それが転じて桃谷となった)」と呼ばれる地で、それを示す石碑が建っていた。更に隣には「式内 比賣許曾神社御旅所」という古い石碑も建ち、ここが由緒ある場所であることを示している。

では改めて、安居神社へ参ろう。更に3kmほど南西へ。

yasui_jinja-2740a-2756安居神社 参道入口に建つ古い石鳥居。安居神社は天王寺公園(つまり「茶臼山」)のすぐ北にある。茶臼山に陣を敷いた信繁公が南の家康本陣を攻撃し、大混乱に陥れるも多勢に無勢でここまで逃げてきたところで討ち取られた、というのも頷ける位置関係だ。

yasui_jinja-2740b-2755安居神社 由緒。菅原道真公を祀った「天慶五年」とは西暦942年。更に古文書散逸のためそれ以前の歴史は分からないというが、かなり古い神社であることは間違いない。

yasui_jinja-2742安居神社は小高い丘の上にある。境内は緑豊かで静かな場所だ。拝殿。

yasui_jinja-2743そして境内の一角に、大きな石碑と刀を置き座り込む老兵の銅像がある。眞田幸村公之像。

yasui_jinja-2745眞田幸村陣歿の旧跡 説明板。安居神社境内の一本松の下で討死、当時の松は枯死したが、戦後新たに植樹されたという。

yasui_jinja-2753奥の高台に生える巨木が、恐らく植樹された一本松か。

yasui_jinja-2744つづいて、幸村公銅像 説明板。宮司さんのお言葉。

yasui_jinja-2746a-2749真田幸村公像。兜を脱ぎ、刀を置き、片膝を立てて座りほっと一息いれる姿。手の甲の六文銭が金色に輝いている。信繁はここで、越前 松平忠直隊の鉄砲頭に発見され、手柄にされよと首を差し出した…という逸話が有名だが、当時の古文書では鉄砲頭は馬上の信繁を発見し槍で一騎打ちをして討ち取ったものの誰かは知らず、後に信繁だと判明した、とある。首を差し出した話は軍記物の創作だろう。

yasui_jinja-2747休息中とはいえ、背筋はまっすぐで実に堂々とした姿。

yasui_jinja-2748全国津々浦々に数多の武将像があれど、片膝立てて座る像はこの像唯一つだろう。座っているのに、この存在感。

yasui_jinja-2752後ろ姿。

yasui_jinja-2753a-2741境内の片隅には、真田氏繋がりで大坂城と上田城が友好城郭提携を結んだ記念で上田市の枝垂れ桜が植樹されている。説明板には「咲き誇る桜花に、赤備えの雄叫びも聞こえることであろう」とある。渋い。

出城としての明確な遺構はほぼ無い真田丸周辺だが、古絵図と地形図、そして実際の街歩きで感じた段差で、真田丸と南惣構堀の在りし日の姿を想像することは十分に出来た。来年の大河ドラマ「真田丸」に向けてまだまだ関連イベント等が開催されると思うので、随時参加して随時追記していきたい。


訪問時期:2015年4月
撮影機器:FUJIFILM X-M1 + XF14mm
– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログの順位を見るには上のバナーをクリック! (=゚ω゚)ノ