軍師官兵衛 超カンタンあらすじ [第49話] 如水最後の勝負

大河ドラマ「軍師官兵衛」の超カンタンなあらすじを放送後に書き起こし。よくある私的な感想文は書きません。第49話「如水最後の勝負」。

→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ


第49話「如水最後の勝負」- 2014.12.7放送
九州。遂に進軍した如水は破竹の勢いで西軍の諸城を攻め落とす。かつての家臣が集結した大友軍も進軍し、両軍は遂に別府石垣原で激突。先鋒 井上九朗右衛門は敵の猛将でかつての仲間・吉弘統幸を涙ながらに討ち取る。吉弘を失った大友軍は総崩れ、翌日大友義統は降伏。如水恐るべしの噂はたちまち九州全土に広がる。
一方 美濃赤坂に居た家康は、大垣城に籠もる三成を得意の野戦に誘うべく佐和山攻撃の構えを見せる。思惑通り大垣城を出る三成。三成は小早川・吉川ら”怪しい西軍大名”を何度も説得して回る。わしが勝たねば豊臣は滅びる…三成必死。しかし彼らは既に長政の調略により徳川方へ付くことを決意していたのだった。
9月15日早朝。東西両軍20万の軍勢が関ヶ原に集結。三成は敵は8万と知り勝てると勢いづく。一方 家康は敵の数は多いが戦う気があるのは精々2,3万と知り、大いに喜ぶ。いよいよ決戦の時が近づいく。京では北政所が長政ら我が子同然の家臣らの無事を秀吉位牌に祈っていた。
官兵衛紀行・・・石垣原古戦場跡(大分県)


→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ へ

※官兵衛紀行で紹介された城跡への訪問記は「まとめページ」に掲載しています。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中