軍師官兵衛 超カンタンあらすじ [第47話] 如水謀る

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」の超カンタンなあらすじを放送後に書き起こしています。よくある私的な感想文は書きません。
第47話「如水謀る」。

→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ


第47話「如水謀る」- 2014.11.23放送
三成は佐和山城へ隠居した。代わって家康が大坂城へ。家康は黒田家を離すまいと長政との距離をどんどん縮め、長政はもはや幼い秀頼公では天下はまとまらぬ、と遂に徳川家の天下を目指すことを決意。如水「黒田の当主はお前だ。それで良い。だがわしはわしの好きな様にやらせてもらう。」
如水は佐和山城の三成を訪れ、上杉家と連携した家康討伐案をつぶやき、広島城では毛利家の出方を探る。隆景亡き後の毛利はバラバラだった。京・大坂の情報がすぐ届くよう手配。全てを終え如水は中津へ。
慶長五年五月。中津へ上杉謀反の報が届く。如水「徳川は上杉討伐に動く。三成も動く。徳川はすべて承知の上だろう。双方潰し合いが始まるぞ」。
翌六月。長政は離縁を求める糸とついに別れ、新たに家康の養女 栄姫を正室とした。全ては家康の狙いどおりだった。その10日後、家康率いる上杉討伐軍56000が東へ出陣。その背後で三成が挙兵する。三成「大義はこちらにある。数も勝っている。家康もこれまでじゃ!」。江戸城の家康「ようやく動いたか…勝負はこれからじゃ」。そして中津の如水「いよいよじゃ。兵を挙げるぞ!」
官兵衛紀行・・・観音寺、佐和山城跡(滋賀県)


→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ へ

※官兵衛紀行で紹介された城跡への訪問記は「まとめページ」に掲載しています。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中