大坂城 現存櫓 特別公開編 [1/4] まずは大手口多聞櫓を見学。

大坂城 未公開櫓 特別公開大阪城にて開催されている「大坂の陣400年天下一祭」イベントの一環として、普段は内部未公開となっている現存櫓のいくつかで内部公開が行われました(2014/11/8-16)。

早速行ってきましたのでレポートを公開します。

 

今回 内部公開となった現存櫓は以下のとおり:
__大手口多門櫓(大手門)、西ノ丸 千貫櫓、二ノ丸 一番櫓、本丸 金蔵。

特に一番櫓は約50年ぶりの内部公開ということで期待大です。


<訪問記>

osaka_yagura-1960秋晴れの大坂城へ、現存櫓の特別公開イベントに来ました。紅葉まっさかり。やはり入城は大手門から。地下鉄 谷町線 谷町四丁目駅 徒歩5分ほど。

osaka_yagura-1961s大手門の様子。大坂城 天守閣の入館は9時からだが櫓公開は10時からということで、今は10時少し前なのだがもう結構お客さんが入っている。

osaka_yagura-1962大手口からの大手多聞櫓(右端)と千貫櫓(奥)。その間は多聞櫓ではなく土塀。残念ながら両櫓は現在外装工事中のため、鉄骨とシートで覆われている。

osaka_yagura-1964s大手門もこの通り、工事中。レアといえばレアだが、やっぱり残念。

osaka_yagura-1967大手門 多門櫓もこのとおり完全に覆われていて何か分からない。

osaka_yagura-1967a-2206大坂の陣400年天下一祭 では、このような武将をかたどったモニュメントがあちこちに建てられている。変なイケメン二次元キャラにされるよりこのようなシンプルな方が良い。兜の形がそれぞれのモニュメントごとに違うとか。

osaka_yagura-1969s大手門枡形内の様子。

osaka_yagura-1969sa-2093今回のメインイベント、現存櫓 特別公開。天守閣とは別に、これだけで400円かかる。歴史ファンにとっては安いものだが、一般のお客さんにとっては「え?天守閣とは別なの?」という感じなのだろうか、切符売り場ではそういう会話をしていた。ちなみに天守閣は600円。

osaka_yagura-1970sまずは大手口多聞櫓からスタート。大手門を入ってすぐのところに入口がある。奥のレンガ造りの壁の向こうに入口あり。

osaka_yagura-1971レンガの塀を越えて奥へ。いつもは閉じられている鉄の扉が開いている。ちなみにこのレンガの塀は明治以降に造られた陸軍関係の遺構(門と塀だけが残る)。

osaka_yagura-1972レンガ塀の中へ。紅葉の奥に、L字に折れ曲がる多聞櫓の端っこが見える。そこが入口。多聞櫓の石垣はなかなかの巨石が使われていて驚く。

osaka_yagura-1974多聞櫓 入口付近。ちなみに多聞櫓の外装工事は外側だけのようで、内側はこのとおりよく見える。

osaka_yagura-1979a-2040s多聞櫓 内部へ。外側(枡形側)が廊下になっており、格子窓と石垣の最上部に設けられた銃眼がずらりと並ぶ。戦いのための建物なので天井板はなく、太い梁がむき出し。右側には兵が控える小部屋が並ぶ。窓を開けても薄暗いからか、かがり火を模したオレンジのライトが置かれていた(奥のほう)。

osaka_yagura-1978先ほどの写真は櫓の入口に近くちょっと明るい雰囲気だったが実際はもう少し暗かった。奥に進んで肉眼で見るイメージに近い雰囲気で。この廊下を鉄砲を持った兵士が走り、足元の銃眼から鉄砲を構えて大手門に雪崩れ込む敵兵を撃つ。

osaka_yagura-1979b-2036銃眼。残念ながら金網で覆われていた。下の方の敵もある程度狙えるよう、上の柱が丸く削られている。

osaka_yagura-1979c-2035廊下の反対側の小部屋(武者溜まり)の様子。軍事的な建物なので壁は板がむき出しのまま。壁の説明板によると12畳ほどの広さの武者溜まりが全6部屋あるという。

osaka_yagura-1984廊下を越えて大手門多聞櫓(渡櫓)の二階へ。中央が壁で仕切られていて、大きな部屋が2つある。手前の部屋はパネル展示コーナーとなっていた。パネルよりも天井を縦断する太い梁に注目!

osaka_yagura-1986多聞櫓・渡櫓・太鼓櫓の説明パネル。太鼓櫓は現存しない。下の写真の、櫓門の向こうに見える二層の櫓が、太鼓櫓?

osaka_yagura-1985大手口多聞櫓の歴史。徳川幕府による大坂城再建工事(1628年)にてこの大手門は造られたものの、1783年に落雷で焼失。しばらく石垣だけが残る状態(下の図)だったという。そして幕末期の1848年に大手門が再建。大坂城は明治期の大火や大戦での米軍無差別爆撃で大被害を被ったが、この大手門は奇跡的に焼失を免れ、現存しているという。

>> 大坂城 未公開櫓 特別公開 [2/4] へ続く。<<

>> 大坂城(大阪城) トップメニュー へ戻る。<<

訪問時期:2014年11月

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中