軍師官兵衛 超カンタンあらすじ [第39話] 跡を継ぐ者

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」の超カンタンなあらすじを放送後に書き起こしています。第39話「跡を継ぐ者」。

→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ


第39話「跡を継ぐ者」- 2014.9.28放送
「殿下が恐れておるのはお主じゃ」家康に言われ衝撃を受ける官兵衛。ドドーン。
京 聚楽第。秀吉の子を身籠った茶々に秀吉は一層入れ込み、茶々は益々ワガママに。
一方 官兵衛は家督を長政に譲り隠居を宣言。焦る長政に「全ては生き残るため」。家臣「若!若!わかー!」長政悩むも、家臣や妻(いと)の後押しで覚悟を決める。
しかし秀吉は官兵衛の隠居を拒否。そんな中、京で秀吉と茶々をからかう落書きが発生。秀吉激怒し100人以上を処刑する。北政所(おね)に諌め役を依頼された官兵衛は単身大坂城へ乗り込み、秀吉に豊臣家の行く末を厳しく忠告。周りは凍りつくも秀吉は笑い飛ばし、これだから官兵衛は手放せんと受け入れた。そして家督譲渡は認めるが隠居せず個人としてわしに仕えよと打診。官兵衛これを受諾。かくして黒田家 家督は長政に譲られた。
淀城では茶々が男の子を出産。豊臣家の世継ぎは「棄(すて)」と名付けられた。
小田原城では城主の北条氏政に上洛するよう家康が説得を試みるも氏政は拒否。家康「ならばこれ以上言うことはない」と断念。いよいよ小田原攻めが始まる。
官兵衛紀行・・・聚楽第跡、黒田如水邸跡、淀古城跡 [妙教寺](京都府)


→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ へ

※官兵衛紀行で紹介された城跡への訪問記は「まとめページ」に掲載しています。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ