松本城 [中編1] 天守低層階は窓が少なく天井も低く真っ暗な倉庫だった

松本城松本城 [前編] の続きです。

大手口から外堀を越えて二ノ丸に入り、そのまま内堀を越えて平成復元の黒門枡形へ。本丸に入り天守を見ると見事に逆光。人も多いので天守外観はそこそこにまずは小天守内へ。


<訪問記>

今回はずっと屋内フォトです。

matsumoto-0358小天守内に掲示してあった「松本城の沿革」解説板。内容は明治維新後の旧物破壊の流れから保存に至るまでの話と、後半は全国の他の現存天守に関するお話。

matsumoto-0360小天守最上階。ここも太い丸太柱が美しく張り巡らされている。

matsumoto-0361天井アップ。まっすぐに延びる丸太は表面がキレイに加工されている。曲がった丸太は絶妙なバランスでそのまま梁に。これは彦根城の天井などでも見られる、個人的に好きなポイントの1つ。

matsumoto-0362小天守から大天守へは、両者の間に架けられた渡櫓を通って移動。右側の壁がナナメになっている部分は恐らく石落し。

matsumoto-0363天守1Fへ。天守内は各フロアごとの様相が違ってて面白く、フロアごとに説明板が掲示されている。1Fは今は柱が等間隔に並んでいる広い空間だが、当時は適度に壁がありそれぞれが食料庫、弾薬庫などであったと考えられているようだ。

matsumoto-0365s天守1Fの様子。等間隔に柱が並ぶ。広いので窓の光も真ん中あたりまでは届かず、当時は昼間でもロウソクなどを付けないと真っ暗だっただろう。倉庫だったのなら普段は真っ暗のままかも。

matsumoto-0369少しだけ展示物があった。これは松本城天守の巨大鯱瓦。説明板(鯱の下にある)によると、昭和の修理の際に新しい鯱瓦と取り替えられたものとのことで、高さは雄127cm、雌124cm。

matsumoto-0374天守1F。写真で増幅しているが実際はかなり暗い。これだけ広くて暗いと確かに倉庫ぐらいにしか使えない。

matsumoto-03752Fへの階段。竹を組み立てて手すりにしているのは雰囲気を壊さなくていい感じ。

matsumoto-0377天守二階 説明板。ここは一階とは異なり窓も多く光が多く取り入れられ、明るい印象だ。柱に残る小舞(小さな穴)跡から8室に部屋割りされていたとのことだが、なぜ壁は壊されてしまったのだろう?当時の土壁ゆえに劣化が激しかったからだろうか。

matsumoto-0378松本城鉄砲蔵。二階が鉄砲置き場だったというわけではなく、天守二階のスペースを使って松本市出身の個人が収集した鉄砲等の展示スペースとしているため。

matsumoto-0379 壁には巨大パネルで色々説明がされている。わかりやすい。が、ちょうど反対側に武者窓(格子窓)があり、光が反射してカメラ泣かせ。大筒、抱え大筒、馬上筒。説明にもあるとおり、大筒は大阪冬の陣で徳川方が大坂城に向けて撃ちまくり、そのうちの何発かが淀殿(茶々)の部屋に命中、淀殿の目の前で女中が死に、ビビった淀殿は急ぎ和議を結んでしまった、という有名エピソードが思い出される。射程500mまでは命中度もなかなかのものだったとか。抱え大筒の欄には30匁玉〜100匁玉(口径40cm)とある。馬上筒は騎馬武者が使えるよう短くしたもので、加藤清正が用いたそうだ。とはいえ火縄銃のため1発ずつしか撃てないので、敵陣に迫ってから近距離で虎の子の1発を撃ち込み、敵を混乱させておいてから槍を使った、とある。

matsumoto-0381馬上筒 実物。全長51cm、口径1.3cmとある。

matsumoto-0383鉄砲玉を作る道具類(マニアック!)。下のペンチのような道具で丸く固めていたようだ。玉の大きさがずれるとうまく射出できないので、簡単に正確に作るためにこういう道具が使われていたのか。この展示の上には説明板があり、そこには火縄銃の弾、火縄づくりは主に武士の妻や娘たちの仕事だったとある。

matsumoto-0384s天守二階の様子。一階より断然明るい。また、小天守は丸い柱が使われていたが、大天守の柱は四角く加工されている。

matsumoto-0386オランダ製の船載砲(城塞砲)。口径33mmの弾を500mまで飛ばせたとのこと。

matsumoto-0388外からも見えた、突上戸。

matsumoto-0392つづいて天守三階へ。かなり天井が低い。周囲は窓もなくすべて白壁。それでも明るいのは電灯が付けられているからで、往時は真っ暗。

matsumoto-0393天守三階 説明板。天守二層目の屋根裏にあるため窓もなく天井も低いようだ。普段は倉庫。往時は三階ではなく「暗闇重」と呼ばれていたのは興味深い。

次回は雰囲気がガラッと変わる天守四階以降を散策。

>> 松本城 [中編2] へ続く。<<

訪問時期:2014年4月
– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中