軍師官兵衛 超カンタンあらすじ [第38話] 追い込まれる軍師

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」の超カンタンなあらすじを放送後に書き起こしています。第38話「追い込まれる軍師」。

→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ


第38話「追い込まれる軍師」- 2014.9.21放送
長政は独断で宇都宮鎮房らを暗殺。娘お鶴のみ逃された。同時に官兵衛は朝房を自らの手で刺殺。宇都宮を滅ぼさねば黒田家が滅ぶ。意図せぬ殺戮にその場の誰しもが涙した。
佐々成政は切腹、肥後は分割され小西行長と加藤清正に与えられた。秀吉は、家臣は将棋の駒で自らが神の如く自在に操ると豪語した。おねはその言葉に違和感を覚える。
官兵衛上洛。茶室で秀吉から唐入り(明[中国]への侵攻)を聞かされ猛反対するも秀吉の怒りを買う。口を挟もうとした三成とも対立。「耳の痛い事を言ってくれる方がおられる内が花」と口にした利休を秀吉は睨みつける。一触即発の中、秀吉は怒りを抑えながら退室。
おねは官兵衛と会い、秀吉は天下人になって人が変わった、家中をまとめる暇無く天下人となったので家中が割れないか心配だとこぼす。そして家康も上洛。官兵衛は家康から、次に天下を取るのは官兵衛だと秀吉が言っていたことを聞かされ、強い危機感を覚えた。
官兵衛紀行・・・天徳寺(福岡県)、合元寺(大分県)


→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ へ

※官兵衛紀行で紹介された城跡への訪問記は「まとめページ」に掲載しています。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中