軍師官兵衛 超カンタンあらすじ [第31話] 天下人への道

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」の超カンタンなあらすじを放送後に書き起こしています。第31話「天下人への道」。

→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ



第31話「天下人への道」- 2014.8.3放送
6月、織田家の後継者を決める清洲会議がスタート…するも2分で秀吉の推す三法師(信長の孫)に決定。秀吉は長浜を勝家に譲り姫路へ。勝家は信長妹のお市と結婚。10月、秀吉は信長の葬儀を京で大々的に開催し世間にアピール。出し抜かれた勝家は毛利家と足利義昭を味方にしようと書状を出すも、官兵衛に感付かれ失敗に終わる。
秀吉の元には茶湯マスター千宗易(後の利休)が居た。宗易は官兵衛を呼び出し、官兵衛が茶室へ入ると、そこには剃髪した荒木村重が! 村重は生への執着が捨てられず宗易の弟子”道糞(どうふん)”として茶湯道に入っていたのだった。
翌2月。遂に勝家軍と秀吉軍が激突。世に言う賤ヶ岳の合戦である…が僅か2分で決着、勝家は居城 越前北之庄へ逃げ帰り、炎上する天守の中で妻お市と自害。官兵衛「これで天下の行方は決まりました」。逃されたお市の三人娘(茶々・初・江)が秀吉の元へ。茶々は父母の仇!決して許さぬ!と秀吉に怒り狂う。この茶々が、後の淀殿である。
一方、長政は蜂須賀小六の跳ねっ返り娘”いと”と、なし崩し的に結婚することになった。
官兵衛紀行・・・賤ヶ岳合戦場、玄蕃尾城跡、北之庄城址公園(滋賀〜福井)


→ 30秒で読める軍師官兵衛 超カンタンあらすじ まとめページ へ

※官兵衛紀行で紹介された城跡への訪問記は「まとめページ」に掲載しています。

– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

このブログは果たして何位でしょうか? (=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中