尼崎城 : 四層の天守を持つ立派な近世城郭だったが都市化で消滅

尼崎城は、江戸幕府が西国支配の拠点である大坂の西の守りとして譜代大名・戸田氏鉄(うじかね)を膳所(ぜぜ)から尼崎藩主5万石として移封し、寺院を中心として栄えていた尼崎の町を城下町として整備し直して築かせた。寺院は城の西側にまとめられ寺町となり、今に残る。明治維新にて廃城。都市化により城の遺構はほぼ無く、棟瓦や鯱瓦などがわずかに伝わる。なお戦国時代に信長に謀反を起こした荒木村重が、居城有岡城から逃げてきた”尼崎城”は、この近世尼崎城ではなく、やや北東にあった大物城(だいもつじょう)とも呼ばれる別の中世城郭だったとも言われている。

尼崎城跡<基本データ>
●名称: 尼崎城
●所在: 兵庫県尼崎市(マップ
●築城: 戸田氏鉄
●竣工: 1617年(元和3年)
●遺構: 棟瓦、鯱瓦 等
●情報: 尼崎市HP

<訪問記>

ama01尼崎城跡は遺構が地上にほとんど無く(地下には埋まっているらしい)、城跡碑と2つある博物館での展示、今に残る寺院ストリート「寺町」などを見て回ることになる。ここは阪神尼崎駅の東南すぐにある「尼崎城跡公園」で、模擬城壁が建てられているが、当時は堀の中にあたる場所だったようだ。

ama02公園内の模擬城壁。150年前まで、尼崎に立派なお城があったという事実を市民に知らせるにはちょうどよい規模かと思う。

ama03模擬城壁は公園内に留まらず、その南側の図書館の壁まですっぽり覆っている。なんだか狭間が逆のような(外側が広い?)。

ama04jinja図書館の南側にある櫻井神社。尼崎城からいくつかのものが伝わると言う。

ama05櫻井神社 由来説明板。尼崎城の廃城後に藩徳を讃えようと明治15年に建立。お城から伝わる文化財も多く保有しているようだ。

ama06拝殿の前には 尼崎城天守の棟瓦。棟瓦がしゃべるような調子で説明が書かれている。瓦の紋は初代藩主・戸田氏の家紋「九曜紋」。

ama07もう1つの棟瓦。九曜紋は同じだが、下部のデザインが異なり、こちらには左右にハート型…ではなく猪目 (いのめ) が掘られている。

櫻井神社には他にも巽櫓の鯱瓦なども伝わるようだが境内には無し。恐らくお堂にしまわれているのだろう(外にそのまま置いている方が珍しい)。

ama08shuyo櫻井神社を出て東へ。学校のような建物の「文化財収蔵庫」へ。倉庫のような名前だが、無料で見学できる。なお入口入ったところのパンフ置き場に、A4白黒コピーの尼崎城パンフがあるので貰っていこう。昔の縄張図と現在の地図を重ねた図が散策に便利(何も残ってないけど)。

ama09文化財収蔵庫の入口前の植え込みの中には「尼崎城天守閣遺蹟」と掘られた石が鎮座している。横の説明プレートによると、天守の跡地に残存していた小山(通称 天守山)が学校建設のために壊され小山が別の場所に移設された際に設置されたものとのこと。その新小山も昭和30年代に壊されたため石碑のみここに移設したらしい。ということはこれ自身が天守遺跡なのではなく、これが遺跡ですよと遺跡自身(小山)を示すためのプレートだったということか。ちなみにここは内堀の中にあたる(文化財収蔵庫の本館あたりが天守)。

ama10文化財収蔵庫 内部の様子。巨大な尼崎ジオラマの周囲にパネル展示や遺物・出土品などの展示をしている。

ama12鯱瓦。説明によると、尼崎城で使われていた鯱瓦と言われる、とのことで、どこの櫓のものか等詳細は不明。ちなみに二体の鯱には雌雄があり、一般的に口を開けている大きい鯱が雄、口を閉じている小さい鯱が雌だとのこと。知らなかった。これは口を閉じているので雌か。とはいえ、現実には費用の関係などで左右同形の鯱を対で上げてる場合もあるかも。

ama13尼崎城 縄張図。本丸御殿があった本丸は、上半分が現在の 文化財収蔵庫、下半分は名城小学校のようだ。内堀・中堀はすべて埋められてしまっている。

ama14巨大な尼崎ジオラマのお城部分をアップで。すごく細かく広大な地域をジオラマ化しているが、ガラス張りかつ大きすぎて、一番見たい中心のお城付近がしっかり見えない。

ama15内堀の本丸御殿&天守部分だけを再現した別の模型。内堀西の搦手門からの図。左奥の4重櫓が天守。

ama16館内にあった城内地区と周辺の史跡文化財 マップ。結構たくさんあるようだ。が、ごちゃごちゃしててどの文字がどの●を指してるのか、ちょっと分かりにくい。番号振ればよかったのに。なおGoogleMapでは「尼崎城跡」は城址公園を指しているが、このマップでは小学校横の石碑を指しているようだ。

ama17文化財収蔵庫の正面にある「三の丸公園」。こういう何気ない地名にもお城があった時代を示唆している。ちなみに収蔵庫の前だと二の丸なのはご愛嬌。

ama18gakko文化財収蔵庫の南にある、同じく本丸内にあたる明城小学校。校庭に尼崎城&櫓の模型と説明板がある。四辺に櫓を配置して、これは在りし日の本丸の姿を模しているのかと思いきや、塩噌櫓(天守の左隣)が無かった。

ama19という具合にお城を金網の外から眺めていたら、門のところに居た警備員のおじさんがお城撮るだけならいいよと中に入れてくれた。ありがとう! 近くで見ると、シャチホコが銀色。アルミかな?

ama19a説明板アップ。小学生向けにしてはフリガナも少なく言葉遣いも難しい。この模型は何と昭和15年に教職員と児童が一緒に作成したものだという。

ama20明城小学校にはもう1つ尼崎城に関するものがある。それが、運動場の南西にある尼崎城址 石碑。これは金網の外側にあるので誰でも見ることが出来る(文化財はこうあるべき)。高さ2mほどある巨大な石碑だ。

ama21尼崎城址 石碑横の説明板。このあたりは、内堀と中堀を結ぶ「横堀」や、内堀と外堀とを結ぶ「縦堀(四角堀)」があったところ、とのこと。この四角堀で、二の丸(南浜)と西三の丸とを分けていたようだ。

ama22amashinもう1つの博物館、尼信博物館へ。地銀の尼崎信用金庫が運営する博物館で、尼崎城 歴史資料の他に、コインコレクション展や日本絵画展などもやっていた。入場無料。

ama23尼信博物館内の尼崎城 歴史資料コーナーへ。2Fの展示室2がそうだった。奥の展示室3はコインミュージアム。刀剣や具足が惜しげも無く展示してある。

ama24尼崎城分間絵図。城の内側と外側から立体的に描いた図で、実測され寸法が細かく書きこまれている。これがあれば外観復元は可能!頑張れ尼崎市。

ama25九曜紋の前に鎮座するのは、太刀守家。鎌倉中期の備前畠田の刀匠、初代守家作。9代藩主が妻の実家から贈られ、11代藩主の佩刀となり、その後 飾太刀としたとのこと。国重文。

ama26太刀の隣には立派な具足が。金糸札 白糸威 二枚胴具足(手前)。8代藩主が所用。札とは板札(いたざね)のことで胴の部分の横長の板のこと。これを金色の紐で閉じているので、金色札。白糸威は、威(おどし。前掛けの部分)が白糸で結ばれていることを指す。二枚胴は、胴を覆う部分が分解すると2枚に分かれることを指す。説明板によると、具足のあちこちに葵の紋(櫻井松平家の家紋)があるという。

ama27中央に置いてある尼崎城ジオラマ。文化財収蔵庫にあった巨大ジオラマと本丸ジオラマのちょうど中間ぐらいの大きさだ。南の太鼓門方面から撮影。

ama28尼信博物館 開館時に、尼信の”守り刀”として全日本刀匠会理事長 月山氏による新作日本刀を制作したという。綾杉肌(あやすぎはだ)と呼ばれる独特の紋様が美しい。

ama29sasa尼信博物館の北側には、尼崎城築城時に城下の寺院を集めたという寺院ストリート「寺町」が今に残る。その中の法園寺には、織田信長の重臣・佐々成政の墓が残るというので訪問してみた。こちらが法園寺 山門。佐々成政公 陵墓 の石碑が建つ。

ama30法園寺 説明板。信長の重臣だった佐々成政は、本能寺後は柴田勝家に味方するも剃髪して秀吉に降伏。小牧・長久手でも家康・信雄方につくが敗れ、再度 秀吉に降伏。その後、肥後を与えられたが検地を巡って領地内で反乱が発生、その責によりこの法園寺で切腹させられたという。

ama31この大きな五輪塔が佐々成政 陵墓。近くまで来たらお参りしていこう。

ama32omake01おまけ:阪神尼崎駅の隣の大物駅の近くには「大物くずれ戦跡碑」がある。駅の北西、大きなイチョウの木の下。大物は「だいもつ」と読む。

ama33omake02大物くずれ」とは、応仁の乱の東軍だった細川家における内部抗争での一局面。室町管領の細川高国が甥の晴元と対立し、晴元が擁する堺公方を攻撃。戦いは膠着するも、赤松晴政の裏切りにより一気に高国軍は壊滅、高国は自害。細川家の内乱を収め管領となった晴元だったが、後に関西で一大勢力を誇ることになる家臣の三好長慶の反乱により没落した。16世紀前半はヤヤコシイ。

都市化によりあまりというかほとんど遺構が無くなってしまった尼崎城跡。僅か150年前まで、ここに大きな天守を持つお城が建っていたというのは関西の人間からすると少し不思議な感じだが、現地に来てみると結構立派な城跡碑や模擬城壁などがあり、地元民にとっては「尼崎はお城の街」なのかもしれない。

訪問時期:2013年11月
– – – – – – – –
城めぐり関連ブログ人気投票参加中. いつも投票アリガトウ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中